恋愛

30代を楽しみすぎると一生独身?「まぁまぁ女子」が危険な理由

考える女性

アラサーの女性芸能人を見ると、30代こそ女性がいちばん輝く年代のように見えます。

しかしこれを真に受けて「私も独身だけど、30代の今がいちばん充実しているしイケてる!」と思っていると、いつまでも結婚できない“生涯独身女”になってしまうかもしれません。


あなたの“独身危険度”をチェックリストで判定してみましょう。


■まぁまぁ女子かも度?チェック

「私ってけっこうイケテルと思うんだけど、なぜかいい男にめぐり合わないのよね……」そう思っているあなたは、けっこう危険!今すぐ次のチェックリストでご確認を!


□目立った美人ではないが、ルックスは中の上くらいだと思う

□ファッション雑誌でトレンドチェックは欠かさない

□食べ歩きは好きだが、心から美味しいと思うものには出会ったことがない

□趣味は音楽・映画・ショッピング。アウトドアやスポーツはあまり好きじゃない

□ペーパードライバーである

□面倒くさいことは後回しにして、そのままやらずに忘れてしまうことも

□自分の子どもがほしいかどうか、よく分からない

□仕事バリバリのキャリア女子をかっこいいとは思うが、自分にはムリだと思っている

□彼氏とのデートが面倒くさくなるときがある

□学生時代はそこそこモテた


上記に6つ以上あてはまるあなたは、結婚できない「まぁまぁ女子」かもしれません。

「まぁまぁ女子」とは、何でもまぁまぁうまくいっていて、まぁまぁ満足している女子のこと。


まぁまぁ女子はすべてにおいてまぁまぁイケてるので、欠乏感や切迫感がありません。このタイプはまぁまぁモテるので、婚活に本気で焦り出すのが遅く、気がついたら35歳を越えていた、なんてことも……。


■35歳以降、独身のままでいるとどうなる?

この35歳の壁を甘く見てはいけません。

国勢調査によると、2005年時点で35~39歳だった女性の未婚率は18.38%。その5年後、40~44歳の女性の未婚率は17.07%。変化はわずか7.12%ということは、7.12%の女性しか結婚できなかったということ。

「さすがに40歳までには結婚してるでしょ」と楽天的に思っているだけでは、7%の狭き門はくぐれないかもしれません。


「生涯独身でもいいじゃない!」と言うあなたには、さらにシビアなデータをご紹介します。

40代独身女性の多い都道府県は、東京を筆頭に北海道、大阪と続きますが、全体的に西日本に多く東日本に少ない傾向があります。そしてなんと、東京以外の「40代独身女性の多い都道府県」は、見事に「生活保護受給世帯の多い都道府県」と一致しているのです。


これは40代独身女性は、生活保護を受けるほど生活に貧窮しているひとが多いということでは……?


■まぁまぁ女子から抜け出すには

30代はたしかにお金も自由になるし、美容にも気を使って身なりはキレイだし、人脈も広がってまぁまぁモテたりする時期です。しかし、それに満足しているとあっという間に時間はたってしまいます。


「あ、私ヤバイかも!」と焦り出したまぁまぁ女子のみなさん。ここから抜け出す方法は、「自分の意志で動くようにすること」です。


誰かに誘われるのを待つのではなく、自分から誘ってみましょう。モノを選ぶときは、流行りに流されず自分の本当に好きなものを見極めましょう。そうすれば、自然と男性を選ぶ視点も変わっていきます。


今年はぜひ、まぁまぁな自分を捨てて、最高の自分を手に入れてくださいね!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ