恋愛

運命のみそ汁!男性が「今カノと結婚しよう」と思った瞬間6選

結婚を決めた瞬間

年齢を重ねていくうちに結婚を意識することは、女性だけでなく、当然男性だってあると思います。そこで、筆者の周りにいる男性から「今カノと結婚してもいい!」と思った瞬間をリサーチしたのでご紹介します。


男性が「今カノと結婚しよう」と思った瞬間

男性が結婚を意識する瞬間とは、どんなときなのでしょうか。


●その1:リアルな夫婦像が想像できたとき

「仕事で疲れて帰ってきたオレに『おかえりなさい。お風呂にする? ご飯にする? それとも、私?』なんてベタなセリフを言いながら、彼女が笑顔で肩もみしてくれたとき。リアルに“夫婦で暮らしているオレたち”の姿が想像できて、結婚願望が湧きました」(28歳/建設)


●その2:手料理の味が母親に似ていたとき

「嫁と結婚を決めたのは“みそ汁”に運命を感じたから。初めて彼女が作ったみそ汁を飲んだとき、何年も帰っていない実家のみそ汁を思い出して、思わず涙ぐんでしまった。嫁に話すと『もっとロマンチックな運命がいい!』って怒るけど(笑)」(29歳/製造)


●その3:病気を看病してくれたとき

「ある病気で入院したとき、心配性の彼女は毎日病院に通ってくれました。医者からは大したことないって言われつつ、オレも心細かったから嬉しかった。入院中に剥いてくれたリンゴも美味かったし、これはいい嫁さんになるな、と思って結婚したらまさにビンゴ。病気になっても彼女の介抱ならすぐに治っちゃいますよ」(31歳/IT)


●その4:笑いのツボが同じだったとき

「テレビのお笑い番組を見ていたとき、彼女の笑うタイミングがぴったり同じだったから。びっくりして、思わずお互いの顔を見合わせたほどです。その反応を見て、ふたりしてまた笑っちゃいました」(27歳/福祉)


●その5:ケンカをして一歩も引かなかったとき

「強情なオレは相手が上司でも歯向かってばかり。そんなオレをまわりは一歩引いて見ていたけど、彼女だけは例外。ケンカをしても物怖じせずにズバッと自分の意見をいう女性でした。そんな性格に惚れてしまったばかりに、結婚した今ではオレが彼女の言いなりです」(30歳/保険)


●その6:食事の時間が楽しかったとき

「料理が趣味なオレは、結婚するなら一緒に食事して楽しい女、と決めていました。前に付き合った彼女が無口だっただけに、今の嫁さんとの食事はほんと楽しいですよ。オレが少し味付けに失敗した料理でも、平気で『これ、すっごく美味しいよ!』と笑って食べてくれますから」(33歳/金融)


結婚後の生活を感じさせるが勝ち!

家族を養わなければならない男にとって、結婚は一大事。男性が結婚したいと思う瞬間は、リアルに結婚後の生活を想像できたときのようです。


心強くサポートしたり、癒してあげたり、料理で胃袋ごとゲットするもよし。早く結婚したいならいい奥さんアピールは欠かせませんね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ