恋愛

顔も性格もカッコイイのに恋心が冷めてしまう男性の趣味5選

ステキな男性と出会ったら、もっと彼のことが知りたいと思うのは自然なこと。「ステキな彼のことだから、ステキな趣味をお持ちのはず」なんて、妄想してしまいますよね。でも、現実は全く違ったりして……。

あなたの妄想を木っ端微塵に打ち砕く、「冷めてしまう男性の趣味」を調査してみました。


恋心が冷めてしまう男性の趣味

顔も性格もイイのに、どうしてその趣味? と冷めてしまう男性の趣味ってありますよね。

筆者の周りで聞いた、実際に冷めてしまったエピソードをご紹介します。


●その1:音楽のチョイスが最低

「すごく話は面白いし、顔も申し分ない男性と合コンで出会いました。意気投合して、後日ドライブデートをしたのですが、彼が車内で流した音楽がなんと某男性アイドルグループの曲。ノリノリで歌う彼を見て、『男子中学生かよ!』と、冷めてしまいました」(35歳/秘書)


○男性アイドルでノリノリな三十路男性はたしかに子どもっぽく見えてしまうかも。


●その2:ただの筋肉バカ

「マッチョな男性が好きなわたしは、お見合いパーティーで出会った高身長マッチョな男性に一目ぼれしました! そのまま流れで彼の家へ。『今日カワイイ下着でよかった』と思いながら彼の家におじゃますると、そこらじゅうにあらゆる筋トレグッズが……。努力しているところが見えてしまい、一瞬で冷めてしまいました」(33歳/販売)


○夜中の通販をチェックしている姿を想像して興ざめですよね。せっかくの筋肉、もっとさわやかに鍛えていて欲しかった!


●その3:ニコ生主の彼

「ツイッターで知り合った男性の家に行くことに。入ってみると、パソコンのモニターがズラッと並んでいて、大層なカメラとマイクがセットされていました。『オレ、ニコ生主なんだ!』と、ドヤ顔で言われても……。『今から生放送するから出てよ』と言われ、逃げました」(29歳/美容)


○彼とのお付き合いをいろんなひとに祝福してもらえて、意外と楽しいかもしれませんよ。


●その4:同じ本好きの男性

「文学バーで知り合った男性。すごく聞き上手で、『うんうん、その本オレも好き』、『趣味合うな~』とホメてくれました。私はかなり本好きなのですが、彼も相当なよう。『なにか最近読んだ本ある?』と聞いてみると、『う~ん、最近はライトノベルばっかだからな』と……。どうやら知ったかぶりをしていたようでした(34歳/広告)


○オススメにライトノベルを出してくるのはちょっと……。文学好きから猛バッシングを受けそうです。


●その5:ブサイクなのにオシャレぶる

「お笑いコンビのカリカ・家城に似ている男性と知り合いに。話も芸人並みに面白いので、よく遊んでいました。ある日、家に誘われたので行くことに。すると、なんとカクテルセット一式とダーツがあったのです! 『ブサイクのくせに!』とイラついてしまい、その後は連絡しませんでした」(26歳/アパレル)


○ブサイクにこそ、かっこいい趣味を許してあげてください……。


思い込みに気をつけろ!

彼のことをよく知る前に「彼はこんなひとに違いない!」と思い込んでしまうと、現実とのギャップに直面したとき、一気に冷めてしまうものです。

妄想ではなく、電話やメールでそのイメージを作っていって、彼の趣味を一緒に楽しめるようになるといいですね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ