恋愛

隠されたダメンズの顔を見抜け!「エリート系クズ男」の実態4選

誰にでも自慢できる大企業勤めのエリート彼氏をゲット! ところが、いざ付き合い始めたら彼氏はとんでもないクズ男だった……。

あなたはもし、こんな「エリート系クズ」の男性と付き合ってしまったら、どうしますか?


「エリート系クズ男」の実態

やっと彼氏ができて、しかも仕事がデキるエリート男だと言って喜んでいた女友達が、その後暗い顔をして相談してくることがあります。エリートの顔に隠されたこんな一面に悩みを抱えているようです。


●その1:転職を繰り返す外資系のクズ男

高級レストレランでお食事、その後はタワーの最上階でカクテル。帰国子女で完璧なエスコートをする外資系勤務の彼(35)にすっかり心酔していたA子(26)。

ところが彼はプライドが高くてキレやすく、少しでも気に入らないことがあるとデートは中止。そして仕事はデキるものの、上司とケンカしては失職。

「僕のような自分を持っている人間は必ずトップになれる」と豪語する彼は、すぐにどこかに転職できるものの、実績よりも職歴ばかり増やすので彼女は不安を感じているそうです。

完璧なエスコートをしたがる男性はプライドが高いひとが多いように思います。彼自身も、エスコートをしている自分に酔っているのでしょうね。


●その2:ブランドにこだわりすぎる商社マンのクズ男

大手商社マン(30)と付き合い始めた銀行員のB子(28)。彼はブランドに詳しく、買い物に行けばどんどんカードを使う。パンツまで一流ブランドにこだわり、ワイシャツは絹100%のものしか着ない。

容姿に気を使っている彼は、たしかにカッコよく見えるものの、「結婚したら自由にお金を使えなくなるんだから、今は自分のために全部使う」と貯金はゼロ。さらに外車を買い換えて借金を作ったことも判明。彼女は結婚しても彼の見栄っ張りな性格は直らないのではないかと悩んでいるそうです。

ブランドにこだわってもいいのですが、カードを使いすぎたり、借金まで作ってしまうのは、自分の身の程を分かっていないだけ。将来苦労することになりそうな男性です。


●その3:理学博士の彼は自分の意見がないクズ男

理学博士の彼(40)と付き合っている証券会社勤務のC子(32)。知識豊富な彼の聞き役になることが多かった彼女が、あるとき自分が感じた意見を言うと、彼は「それどこに書いてあったの? 誰が言ってたの?」と聞いてきたそうです。

実は彼、文献の知識は話せるのですが、自分の意見がまったくないひとだったのです。文献の後ろ盾がない意見を言うのが不安なようす。さらに、彼女の悩みにもアドバイスができないそう。

C子は「彼は頭は良いはずだから、これから私が人生教育していくべきか、それとも諦めた方がいいのか迷い中」なのだとか。


●その4:外車ディーラーの彼は優しいけどお人よしのクズ男

やり手の外車ディーラーの彼(29)は、派遣社員の彼女(24)が欲しがるものは何でも買ってくれるそう。ところがいつもデートは何かのイベントや、友だちが同席していることが多く、彼女が2人きりで過ごしたいと望んでもなかなか叶えられません。実は彼、「車を買ってくれた恩があるから、先方のイベントにも顔を出さなければ」と、断ることが出来ないお人よしな男だったのです。

彼の両親に紹介されてから、彼女はしょっちゅう義母から呼びだされるように。「彼の好きな料理を作ったから取りに来いとか。私が嫌がっても彼は断ってくれない」と愚痴をこぼしていました。

彼はお人よしで優しいのはたしかですが、身近な人間を守れないクズだったのです。それでも優しさは悪いことではないため、彼女は別れる決心がつかないそうです。


あなたの許容範囲はどこまでですか?

気になるところもありますが、「仕事ではエリート」という成功した一面を持っているため、それなりに魅力的な彼ら。長所もあるためなかなか別れることは難しいようですね。「いっそ浮気でもしてくれれば別れられるのに…」と漏らす女性も。


あなたなら、「エリート系クズ男」のどこまで許せますか?


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ