自分の強み

自分の仕事の強みがいまいちわからない…こんなときに確認したい3つのこと

  • 更新日:2019/04/01

「あなたの強みは何ですか?」こんな質問を受けることが時々ありますよね。でも、「私の強みですか……何だろう?」となってしまう人も多いのではないでしょうか?

実は、自分の強みを知ることはとても重要なんです。それは、人は自分の力(強みや得意なこと)が発揮できていると感じる仕事だと満足感が高まるからなんです。


そこで、今回は自分の強みを知る方法についてご紹介します。「自分の強みって何?」という人は、ぜひ続きを読んでみてください!


「強み」って何?

働く女性

「強み」って何だと思いますか?こう聞かれると返ってくる答えの多くがこのようなものです。


・他の人より優れている能力

・高い実績をあげた経験

・資格

など


これは、「他の人と比べて自分はどうか」という視点で見た強みです。これだと「私には強みなんてないよね……」となってしまうことが多いんです。

でも実は、本当の「強み」はこれではないんです。本当の強みとは「あなたらしさ」。「あなたらしさ」こそ、他の人にはない最大の強みなんです。


そして、その「あなたらしさ」は次の2つから成っています。

●元々もっているもの(能力、性格など)

●後天的に身につけたもの(経験、知識、スキルなど)


これが両方とも明確になると、「あなたらしさ」がわかるようになります。では、自分の強み=あなたらしさを知るための3つの方法を見ていきましょう。


強みを知る3つの方法

(1)元々持っている強みを知る

強みを知る方法

まずは、元々もっている強みを知りましょう。

人の強みは次の6つのカテゴリーに分類できます。

①知 恵

②勇 気

③人間性

④正 義

⑤節 制

⑥超越性


では、それぞれのカテゴリー別に強みを見ていきましょう。

①知恵・知識

〇創造性:新しいものやアイデアを創り出すことができる力

〇好奇心:いろいろなものに興味をもち、新しい経験に積極的にチャレンジする力

〇知的柔軟性:物事をさまざまな側面から考え抜くことできる力

〇向学心:新しいことを積極的に学び続けることができる力

〇大局観:物事を長期的・全体的に捉えて判断できる力


②勇 気

〇勇敢さ:試練や困難にひるまず立ち向かうことができる力

〇忍耐力:物事を粘り強く続けて、達成することができる力

〇誠実さ:正直に、真心をもって人と接することができる力

〇熱 意:情熱をもって物事にあたることができる力


③人間性

〇愛 情:人との親密な関係を大切にして、人から愛し愛される力

〇親切心:思いやりをもって人のために尽くすことができる力

〇社会的知能:人の感情を共感的に読み取って行動できる力


④正 義

〇チームワーク:チームの中での自分の役割を果たし、チームのために尽くすことができる力

〇公平さ:個人の感情に左右されず、偏見をもたずに人と接することができる力

〇リーダーシップ:指導者として組織を率いることができる力


⑤節 制

〇寛容さ:他人を許したり、受け入れたりすることができる力

〇慎み深さ:謙虚で控えめな言動をとり続けることができる力

〇思慮深さ:物事を注意深く、十分考えることができる力

〇自己調整:自分の感情をコントロールすることができる力


⑥超越性

〇審美眼:あらゆる分野における美しいものについて、その真価を認めることができる力

〇感 謝:常に感謝の気持ちをもって人や物事にあたることができる力

〇希 望:良いことが起こることを信じて、努力を続けることができる力

〇ユーモア:ユーモアで人を楽しませることができる力

〇スピリチュアリティ:人生の目的に向かって信念をもって進むことができる力


このように、人の強みは24個に分類できます。どの強みをあなたは持っていますか?上位3つぐらいをピックアップしてみましょう。

もしピンと来ないときは次のことをやってみてください。


あなたが過去に困難や壁に遭遇して、それを乗り越えたときのことを思い出してください。その時には、あなたは自分の強みを発揮しているはずです。その時に発揮した強みを上記から探してみてください。3つぐらいはあるはずです。

それが、「あなたらしさ」の要素のひとつである『元々もっている強み』です。


(2)自分の経験を整理する

強みを知る方法

今までの仕事の経験を思い出して、次のことをピックアップしてみましょう。

・できるようになったこと

・増えた知識

・身に着いたスキル


気を付けたいのは、あなたが普段の仕事でやっていることを「当たり前のこと」と思わないことです。そして、「他の人と比べて特別かどうか」は考えないことです。

強みは「あなたらしさ」でしたよね。あなたが経験してきたことは、他の誰も経験していないことです。あなたの経験そのものが強みなんです。

これが『後天的に身につけた強み』です。さらに、もうひとつ次のこともやってみてください。


(3)他の人から褒められたことを思い出す

強みを知る方法

強みは自分では気が付いていないけど、他の人は気が付いているものがあります。それをピックアップします。

やり方は簡単です。次のことを思い出してください。


それは、「あなたは〇〇が得意だね」「あなたにこの仕事を任せると安心できるよ」など人から褒められた経験です。これはあなたが気が付いていない、あなたの『後天的に身につけた強み』の可能性が高いです。


まとめ

自分の強み

自分の強み=あなたらしさです。それは次の2つから成っています。


●元々もっているもの 

⇒24個の強みリストからピックアップしましょう!

●後天的に身につけたもの 

⇒過去の仕事の経験、他の人から褒められた経験を整理してみましょう!


これであなたの強み=あなたらしさが見えてきたと思います。

「自分の強みがいまいちわからない……」そう思ったときは、人と比べるのではなく、「あなたらしさ」を探してみましょう!それがあなたの「強み」ですよ!


参考文献

「ポジティブ心理学の挑戦」 マーティン・セリングマン 著 宇野カオリ 監訳 ディスカバー・トゥエンティワン



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

新卒採用の選考で人事が見ているポイントとは?~面接編~
新卒採用の選考で人事が見ているポイントとは? ~グループディスカッション編~
良い仕事をするための「良い睡眠」が取れていますか?―睡眠12箇条―
転職を考えている人へ……企業が求めるスキルって知っていますか?
メンタル不調になる前のサインって知ってますか?
  • 浦田大暁 (キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag