自分磨き

いきなり役員をやる前に、まずはウォーミングアップと情報収集【幼稚園の役員やってみた】♯2

幼稚園

 何事も大事なのは情報収集ですよね。いろいろあたまで考えてはいたけれど、実際やってみたら全然違った!とか、こんなはずじゃなかった……ということだけは避けたいものです。


私の場合は、下の子がいても出来そうな、簡単な行事のお手伝いから手を上げて参加してみることにしました。夏祭りや運動会、お遊戯会など幼稚園では年間を通してたくさんの行事があり、規模の大きいものはお手伝いを募集するものも結構あります。

園によってそのようなお手伝いが多い・少ないはあるかもしれませんが、何かしら必ずあると思います。


 お手伝いをすると自然とクラス役員さんや業務を担当してくれた役員さんと話をする機会もあるので、「役員さんのお仕事忙しそうですね。お疲れ様です!」という切り口から始まって、どのくらいの頻度集まったりしているのか、どの行事が一番忙しいかなどを聞き出していきました。


しっかり情報収集して、見極め活用しよう!

情報収集

 いろんな人から話を聞いているうちに、ある人は「ものすごく大変で、ほんとうに集まりも多くて……」と話す一方、「行事の前は集まりや準備で忙しいけど、それ以外はそんなでもないよ」と、余裕の人もいます。うーんどっち? と思ってしまうこともしばしば……。

役員をやってから分かったことですが、役員の中で会長や副会長、会計など役割が分担されていきます。自分の苦手な分野の役割を引き受けてしまうと大変さが倍増するようです。


 役員の中でも一番みんながやりたくないのは、恐らく“会長”ですよね。 

当時の会長によると、「忙しいけど、大変だと思ったことはないな。参観できない行事とかにも参加できるしね。会長って思っているほど大変じゃないよ。周りが助けてくれるからね。」とのことでした。

確かに、毎年毎年誰かしら会長をやり遂げている訳で、“会長”になったからといって全部一人で背負い込まなくてもいいんですよね。

そんな、楽しそうに活動している会長を見ていたら、ずいぶんと気分も軽くなってきました。


余談ですが、うちの幼稚園では、会長は年長役員から選ばれるという暗黙のルールがあるというのを聞いていたので、子供が年少のうちにはやめに役員をやっておくのがベストだな……と引き受けるタイミングもこの情報を元に決めました。


子どもの状態に合わせた“ウォーミングアップ”が大切です!

二人の子供

 そして、もうひとつ私がしておいた大事な準備は、上の子のお留守番練習です。これは私の場合において必要な準備だったのですが、歳の差が3歳なので入学・入園が重なるタイミングでした。


幼稚園のころは、基本的に親が常に一緒に付いていることが大前提でしたが、小学生からは登下校をはじめ、一人で行動することが多くなってきます。そして小学校と幼稚園の行事やスケジュールがうまくかみ合わず上の子の帰宅時にギリギリ間に合わない……なんてこともあるというのは、先輩ママさんたちから話に聞いていました。


 役員になる・ならないに関わらず、上の子が一人で帰宅し、自分で鍵を開けて、留守番をすることがあるだろうなと予想されたので、年長の時から少しずつ練習をスタート。

最初は30分程度。慣れてきたら1時間程度。呼び鈴がなっても絶対に出ない、施錠をする、ベランダに出ない、ガスコンロやキッチンの電化製品に触らないなどなど、我家のルールをたびたび一緒に確認しました。


うちはマンションなので、玄関ドアの鍵の開け方を誤ると、セキュリティでセコムに連絡がいってしまうので、ドアの鍵開けは幼稚園帰宅時に毎回練習させていました。


 役員に関する情報収集や自分の心のウォーミングアップも大切ですが、兄弟姉妹がいる場合は子供たちのウォーミングアップも重要だなと思います。

子供の年齢にもよりますが、特に新一年生の場合は幼稚園から生活がガラッと変わるので要注意です。また、二、三年生の低学年でも、お留守番はハードルが高いというママさんも居ました。たかが留守番、されど留守番! お子さんの性格や心の状態を見ながら、しっかりウォーミングアップした方がよさそうです。


 実際、鍵開けと留守番の練習をしていたおかげで、ずいぶんと助かることが多いです。一年間かけてゆっくり練習しておいてよかったーと母親の私も思いますし、上の子自身も練習していたかいがあって、スムーズに留守番をすることが出来ています。

幼稚園の役員

 私が役員をやってみようかな、と思ったのが上の子が年長の時。実際に役員になるまで、1年間の準備期間中にやったウォーミングアップは、あるのとないのでは大違いだったなと思います。おかげで、初めての役員業務に戸惑うことはあっても、思っていたのと違うとか、忙しすぎて辛い、私生活までドタバタして混乱してしまう……ということはありませんでした。


私のように一年間もウォーミングアップにあてる必要はないとは思いますが、心のどこかで『役員やってみようかな』と、かすかに思っているのであれば、3学期ぐらいからウォーミングアップ&情報収集をオススメします。


 次回は、入園時期が近づいてきたら、いよいよ自分の決意固め! いろんな不安はあるけれど、無事に手を上げて立候補できるのか!? について書きます。



▼幼稚園の役員やってみた|バックナンバー

【#1】絶対にやりたくないと思っていた私が役員をやることにした理由



▼育児の関連コラム

焼肉を食べると陣痛が来る!?3人出産してアノ迷信はどうだったか検証【知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし#1】


『3人育児×仕事×家事、平日をどうやって乗り切るか!?』我が家の少子化対策


【ワンオペ家事・育児の実態】共働きでも妻6時間・夫1時間


ママたちが泣いた!! 妊娠中・育児中に涙が出るほどうれしかったエピソード



  • いたもっち(主婦時々フリーライター)

    広島出身。就職で上京しインターネットの世界へ。広告代理店、アパレルブランドのEC立ち上げや運用などいろいろ経験。二人姉妹の母。数年間のワーママ後、第二子出産時に退職し主婦に。趣味は晩酌とブログ。

    ブログMoSA

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ