自分磨き

新しい職場になじめないなぁ…そんなときに確認したい3つこと

職場になじめない

日本では10月に人事異動が行われる会社が多いですね。だから、「今月から新しい職場で働きはじめたんだよね」、といった話を10月によく聞くようになります。


そんな新しい職場で働きはじめた人たちは、みんな楽しく仕事をしているのでしょうか?実は、そんなことはありません。


次のような悩みを抱える人も少なくないんです。

「なんか、新しい職場になじめないなぁ」

「新しい仕事のやる気がでない……」

「元の職場に戻りたいよぉ」


でも、そんな悩める人たちも同時にこんなことも考えているはずです。

「そうは言っても、いつまでもこんなじゃいけないよね……」


もしかして、あなたもそうですか?もしそうであれば、ぜひ続きを読んでみてください。

今の状況を抜け出す方法をご紹介します!


環境の変化に対応するために確認したい3つのこと

環境の変化

人は誰でも環境の変化にはストレスを感じます。特に仕事において職場が変わるということは、大きなストレスになります。それは、こんなストレスを同時に抱えることになるからです。


・新しい人間関係を築かなければいけないストレス

・新しい仕事を覚えなければいけないストレス

・新しい上司のやり方に慣れなければいけないストレス

・新しい職場のルールに従わなければいけないストレス

などなど


これは大変ですよね。

だから、「新しい職場になじめないなぁ…」と気持ちが落ち込んでしまう人も多いんです。


では、こんな環境の変化に直面したときにはどうすればいいのでしょうか?それは次の3つのことを確認することです。


1.今の状況

2.自分自身の捉え方

3.相談できる人


これはキャリアの理論家であるシュロスバーグ(Schlossberg,N.K.)の理論です。それでは、それぞれの詳細をみていきましょう。


1.今の状況

まずは、今の状況を整理することからスタートです。特に、思わぬ人事異動だった場合は、気持ちの整理がつかないまま新しい職場の仕事がスタートしてしまっているかもしれません。


これだと環境の変化に対応するどころではないため、ストレスを抱え込みやすくなってしまいます。

なので、次のことを整理してみましょう!


(1)新しい職場の状況

・新しい職場(部署)って、社内ではどんな仕事を担っているところなの?

・新しい職場(部署)の取引先や関係部署はどこ?

・新しい職場のメンバーってどんな人たち?

・そのメンバーは、それぞれどんな仕事をしているの?


新しい職場の状況が整理できたら、次は自分自身の状況についての整理です。


(2)自分自身の今の状況

・新しい職場で自分が期待されている役割って何?

・自分がやるべき仕事内容って何?

・自分が仕事で関わる人たち(社内・社外)って誰?


特に、「新しい職場で自分が期待されている役割って何?」は重要です。もし、わからなければ上司などに聞いてみましょう!


ここまで状況が整理できたら次のステップです。


2.自分自身の捉え方

今の状況が整理できたら、次は自分自身が今回の異動をどう捉えているかを確認します。そのために、こんな問いかけを自分自身にしてみてください。


・私は今回の異動をどう感じているの?

・もし今回の異動をネガティブに感じているのであれば、その理由は何?

・今回の異動で変化することは、仕事の面では何? プライベートの面では何?


いかがですか?

あなたが今回の異動をどう捉えているのかが整理できましたか?

整理ができたら、次の問いかけにも答えてみてください。


・今回の異動であなたにメリットがあるとすれば、それは何ですか?

・長期的に見た場合、今回の異動があなたのキャリアにとってプラスになることは何ですか?


ネガティブな面だけでなく、ポジティブな面も見えてきましたか?

それでは最後のステップです。


3.相談できる人

ここまでできたら、最後のステップです。それは相談できる人を見つけることです。

会社の人でも、家族でも、友人でも構いません。相談できる人、あなたを支援してくれそうな人をピックアップしましょう。


でも、「こんな話をしたら迷惑なんじゃないかなぁ……」と相手のことを考え出すとピックアップできなくなってしまいます。

なので、とりあえず相手の都合は考えず、自分の気持ちを優先してピックアップしてみてくださいね。

きっと、あなたの現状を理解して、支援してくれる人がいるはずです。


今の状態を抜け出す方法を考える

考える女性

さて、ここまでで次のことは整理できたと思います。

1.今の状況

2.自分自身の捉え方

3.相談できる人


実はここまで整理できると、すでに前向きになれている人もいるはずです。


でも、そうでない人は今回の異動をネガティブに捉えている人だと思います。そういう人は、次の3つのステップを行ってみてください。


ステップ1:今回の異動で感じているネガティブな部分をすべて書き出す

ステップ2:書き出したネガティブな部分について、事実と推測に分ける

ステップ3:ネガティブな「事実」について、相談できる人に話をして吐き出す


これで、だいぶ心が軽くなるはずです。特にステップ2は大事なので、人に聞いたりして、事実なのか推測なのかをきっちりと調べてくださいね。


そうすると、

・今回の異動であなたにメリットがあるとすれば、それは何ですか?

・長期的に見た場合、今回の異動があなたのキャリアにとってプラスになることは何ですか?


という質問で見えてきた、今回の異動のポジティブな面を受け入れられるようになるはずです。


職場が変わるというのは、あなたにとって大きな変化であり、ショックだったかもしれません。でも、それは乗り越えることができるものです。

時間がかかってもいいので、今回の内容を参考に乗り越えてみましょう!

きっと明るい未来が見えてくるはずです。


参考文献

「新版 キャリアの心理学」 渡辺三枝子 編著 ナカニシヤ出版



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

現在・過去・未来、あなたはどこに焦点を当てて考えるタイプ? ―時間的視野5つのタイプ

入社して6か月、この時期になりやすい「中だるみ」を脱出する3ステップとは?

部下のやる気を引き出す7つの方法

あなたが仕事をする上で譲れないものって何ですか?―自分の仕事の価値観を知ろう!

時間を忘れて何かに没頭した経験ってありますか?…幸福度を高めるフロー体験とは?

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ