自分磨き

現代版冠婚葬祭タブー&NG -新人歓迎会でのマナー&タブー-

 

 

イマドキ女子が学ぶべきは、人が集まる場でのスマートなふるまい。
正式な冠婚葬祭だけでなく、女子会や合コン、会社の集まりにまで、実は守るべきマナーが存在しています。いざというとき困らないよう、今のうちに勉強しておきましょう!

 

今回は「新人歓迎会での女子マナー」。
4月は人が入れ替わる季節。集まりや飲み会も増えます。
その中でも新人歓迎会は、新人側・先輩側、ともに第一印象を決める大事な場。失敗は避けたいところですね。

 

 

【新人歓迎会、守るべき4つの女子マナー】

 

新人側でも先輩側でも、気をつけるべきことは一緒です。

 

①相手を敬う気持ちを忘れない
新人側は当然だと考えますが、実は先輩側でも大事なこと。相手を見下し、必要以上に偉ぶったり説教したりすると、一緒に仕事をする前から「面倒な人」と思われてしまいますよ!

 

②同じ立場同士で固まらない
新人同士、先輩同士ばかりで話さないようにしましょう。違う立場の人が声をかけづらいですし、内輪だけで盛り上がるのは良い印象を与えません。

 

③出会いはおあずけ
相手の性格や人間関係がよく分からない状態で出会いを求めるのは危険です。
「実はアピールしていた人が先輩の彼氏だった」
「新人クンにアピールしていたらパワハラ扱いされた」
これは気まずいですよね。
最初は様子見。焦らず、次の機会を待ちましょう。

 

④酔いすぎない
基本の基本。緊張しやすい人は特に景気づけに飲み過ぎてしまい、気がつくと思った以上に酔いが回っていた、なんてこともあります。
せっかくの交流の場。飲むよりも、話すほうに集中しましょう。

 

飲み会をうまく活用すれば、次の日からの仕事もスムーズ。
ほどほどに気をつけて楽しみましょう!

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ