自分磨き

あなたはもう身についていますか?社会人に必要な3つの能力

社会人基礎力

突然ですが質問です。

あなたは「社会人基礎力」って知っていますか?


もう少し詳しくいうとこんな力です。

「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」


実は、この「社会人基礎力」は経済産業省が定義しているものがあるんです。「知らない」「初めて聞いた」という人は、ぜひ続きを読んでみてください。きっとあなたの今後のキャリアに役立つはずです。


社会人基礎力とは?

社会人基礎力

経済産業省の定義によると、「社会人基礎力」は次の3つの能力です。


(1)前に踏み出す力

(2)考え抜く力

(3)チームで働く力


少し抽象的なので、それぞれを詳しく見ていきましょう。


(1)前に踏み出す力

これは、「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」のことです。さらに、この「前に踏み出す力」は、次の3つの能力要素から構成されています。


①主体性

指示待ちではなく、自ら進んで仕事に取り組む力です。新しいことでも失敗を恐れずにチャレンジしていく姿勢も含まれます。


②働きかけ力

自分の仕事を進める上で関係する社内・社外の人たちに、必要な働きかけをする力です。

仕事はひとりで行うものではありません。他人を自分の仕事に巻き込むことが仕事をする上では求められるのです。


③実行力力

「目標を定めて、それを確実に実行すること」、これを続けていくことができる力です。いわゆるPDCAサイクルを自分で回していくことができる力です。

その中では、例え失敗したとしても諦めずに、粘り強く目標に向かって行動することが必要になります。


(2)考え抜く力

これは、「疑問を持ち、考え抜く力」のことです。さらに、この「考え抜く力」は、次の3つの能力要素から構成されています。


①課題発見力

これは次の2つの力が合わさった力です。

・問題意識を持って仕事の現状を見て、それを正確に分析する力

・現状とあるべき姿(目標)とのギャップを克服するための課題を明確にする力


②計画力

「課題発見力」で見つけた課題を解決するためのプロセスを考えて、それを計画に落とし込む力です。また、その計画を実行するために準備をする力(段取り力)も含まれます。


③創造力

仕事におけるさまざまな課題に対して考え抜くことができる力です。そして、その結果として新しい価値を自ら生み出すことができる力です。


(3)チームで働く力

これは、「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」のことです。さらに、この「チームで働く力」は、次の6つの能力要素から構成されています。


①発信力

自分の考えや意見を相手にわかりやすく伝えることができる力です。もちろん、自分の考えや意見を自ら積極的に発信することができる力も含まれます。


②傾聴力

相手の意見を丁寧に聴くことができる力です。この前提として必要なものは、相手への関心です。

一緒に仕事をするメンバーや仕事で関わる人の意見・考え方に関心を持つことは、仕事をする上で重要です。


③柔軟性

さまざまな意見を持つ人がいることを理解して、自分と違う意見を受け入れることができる力です。また、仕事において役職や立場が変わると、同じ事象でも見方や捉え方が変わることを理解することも含まれます。


④状況把握力

仕事において自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力です。例えば、自分が上司や会社から何を期待されているのか、などを理解することができる力です。


⑤規律性

法律や社会のルール、会社の規則・ルールを守ることができる力です。もちろん、人(上司や同僚、取引先やお客さまなど)との約束を守ることも含まれます。


⑥ストレスコントロール力

ストレスについての知識を持って、自分のストレスに適切に対処できる力です。仕事でストレスを感じたときに、うまく発散できること(趣味など)を持っていることはとても重要です。


これらの社会人基礎力を図にすると次のようになります。


社会人基礎力とは

資料:「社会人基礎力とは」経済産業省


社会人基礎力の身につけ方とは?

社会人の基礎

ここまで社会人基礎力について見てきました。社会人基礎力は大きく分けると3つの力となりますが、それらは12の能力要素で構成されています。


うわ~、こんなにもあるの?全部身についけないといけないの?と思った方。

これらは社会人に必要な基礎的な力のため、仕事で活躍するためには必ず必要になる力です。


なので、まずは12の能力要素の中で、あなたがすでに身につけている能力を確認してみてください。その能力は、あなたが得意なこと、長所である可能性が高いです。

その能力を伸ばして、あなたの仕事の「強み」にしていってください!


次に、「まだ身についていないなぁ」と感じる能力についてです。これらを一気に身につけるには大変です。

だから、まずは「これならすぐに身につけられそう」という能力から身につけていきましょう。


実は、人はついつい自分の欠点に目が行ってしまいます。

そのため、自分が苦手だと思っていることから克服しようとします。でも、これって時間と労力がかかって大変なんです。

だから、自分で「できそう!」という能力から身につけましょう。それは、きっとあなたの得意なことである可能性が高いからです。


それから、残った「ちょっと苦手かも」という能力を身につける努力をします。

少し時間がかかりますが、これが将来、仕事で活躍するための近道なんです!



参考資料:「社会人基礎力とは」 経済産業省



▼著者:浦田 大暁さんの人気コラム▼

「なんか仕事のやる気が起きないなぁ」 そんなときに確認したい3つのこと

就活で面接がうまくいかない……そんな時に確認すべき3つのこととは?

新卒の3割が3年以内に離職!もし会社を辞めたくなったらやるべきこととは?

「最近の若い子は…」こんな愚痴を職場で言っていませんか?

「新入社員ってどうやって育てればいいの?」その悩みを解決する3つの方法とは?

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ