自分磨き

新卒の3割が3年以内に離職!もし会社を辞めたくなったらやるべきこととは?

転職

「もう、会社を辞めたいなぁ……」最近、こんなことを考えている人はいますか?


こんな風に会社を辞めたくなってしまう人は、4月の後半からGW明けに増加します。

この症状は、特に4月に入社したばかりの新入社員に多く見られます。


新入社員の4月は、入社式からはじまり、新入社員研修、そして新しい職場への配属とイベントが続きます。その間はずっと緊張の中で慣れない社会人生活を送っています。


そこから迎えるGW!

緊張感から解放されて、しばらく仕事から離れることになります。そうすると……GW明けに仕事に行くことが嫌になってしまい、うつ病に似た症状が表れます。これが「5月病」です。


そして、本当に会社に来なくなってしまう新入社員も出てしまうのです。


新卒の3割が3年以内に離職!

新卒の3割が3年以内に離職する。こんな話を聞いたことがありますか?


厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」によると、平成26年3月の大学卒業就職者の3年後の離職率は32.2%です。


離職率

(資料:「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」)


これが短大卒業就職者、高校卒業就職者になると3年後の離職率は40%を超え、中学卒業就職者になると6割を超えるのです。

そして、この傾向は30年間変わっていません。


ちなみに、これを産業別に見てみると、平成26年3月の大学卒業就職者の3年後の離職率の高い産業は次のようになります。


■平成26年3月の大学卒業就職者の3年後の離職率

産 業 3年後の離職率

宿泊業、飲食サービス業 50.2%

生活関連サービス業、娯楽業 46.3%

教育、学習支援業 45.4%

小売業 38.6%

医療、福祉 37.6%

(参考資料:「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」)


会社を辞めたくなったらやるべきこととは?

悩む女性

もし、あなたが「もう、会社を辞めたい!」と考えているのであれば、まずやるべきことがあります。

それは、「自分が会社を辞めたい理由を知ること」です。


これがわかっていないと、会社を辞めて転職したとしても、またすぐに辞めたくなってしまう可能性が高いからです。これは大変ですよね。


また、もし辞めたい理由が今の会社の中で解決できるのであれば、会社を辞める必要もなくなります。

だから、自分が会社を辞めたい理由を知ることはとても大切なんです。


そこで、あなたが会社を辞めたくなっている理由を探すヒントになるかもしれない情報をお教えします。

それは、会社を辞めたくなる理由で多い、次の4つの理由についてです。


(1)仕事にやりがいを感じないから

(2)過度なストレスのかかる職場だから

(3)職場の人間関係がうまくいかないから

(4)収入が低いから


それぞれを見ていきましょう。


(1)仕事にやりがいを感じないから

この場合は、自分がどんな仕事であれば「やりたい!」と思えるのかを知る必要があります。それを知らなければ、転職をしたとしても、また同じように仕事にやりがいを感じなくなる可能性が高いからです。


自分がやりがいを感じる仕事を知るには、自分の「興味」「価値観」「得意なこと」を知ることが必要です。

まずは、自分自身を振り返って、この3つを分析してみましょう。


(2)過度なストレスのかかる職場だから

長時間労働や厳しいノルマなど過度なストレスのかかる職場で働いていると、心が疲弊して「会社を辞めたい」と思うようになります。


この状態で働き続けていると、いつか心のバランスを崩してしまいます。

しかし、それでもこの状態で働き続けているしまう人がいます。


その人たちの心理状態は次のようなものが多いのです。

・会社を辞めることは逃げることのように感じる

・会社を辞めると残った人や会社に迷惑をかけてしまう

・自分が我慢すればいいだけ


特にまじめな人、責任感の強い人がこうなる傾向にあります。この場合は、自分の心の健康を第一に考えて行動しましょう。


自分の心の健康を崩してまで働かなければいけない仕事なんてないのですから。苦しければ逃げていいんですよ!


(3)職場の人間関係がうまくいかないから

人間関係の問題は、職場で起こるトラブルで最も多いものです。この場合は、まずは職場の上司などに相談するなど一人で抱え込まず、職場内での解決をはかりましょう。


それでも、解決しない場合は、自分の心の健康を第一に考えて行動しましょう。

職場の人間関係のトラブルも大きなストレスとなり、心のバランスを崩す原因になりやすいからです。


よくあるのは、「なぜ自分が悪くないのに、辞めなければいけないの?」と、意地になって心の健康を悪化させてしまうことです。

職場という限られたコミュニティに捕らわれて、視野が狭くならないように気を付けましょう。


(4)収入が低いから

収入が低いから辞めたいという場合に多いのが、次の質問に答えることができないことです。それは、「では、いくら収入があればいいのですか?」という質問です。


この質問に答えられない人で多いのは、人と比べて、もしくはネットで検索した情報と比べて、自分の収入は低いと感じていることです。


でもこれだと、いくら収入があったとしても満足することはありません。

この場合は、自分が望む生活を明確にして上で、その生活をするのに必要な収入を調べることが必要です。


会社を辞めて転職することは決して悪いことではありません。昔に比べて、転職もしやすくなっていますし、転職する人も増えています。


でも、「会社を辞めたい!」と思ったときは、まず、「自分が会社を辞めたいと思う理由」を考えてみましょう。

それがあなたの明るい未来に繋がる重要なカギになります。


参考資料:「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」 厚生労働省



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

「最近の若い子は…」こんな愚痴を職場で言っていませんか?

「新入社員ってどうやって育てればいいの?」その悩みを解決する3つの方法とは?

新入社員のみなさん!これからの仕事で遭遇しやすい「壁」を知っておきましょう!

社会人になったら身につけたい仕事のストレスへの対処法とは?

急な人事異動でショックを受けているあなた……実はそれ、チャンスですよ!

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ