自分磨き

「新入社員ってどうやって育てればいいの?」その悩みを解決する3つの方法とは?

社員教育"

4月は多くの会社で新入社員が入ってくる季節です。そして、そんな新入社員を部下や後輩に持つことになる人もいるでしょう。

ちょっと楽しみな反面、こんな不安を抱く人も多くいます。


・新入社員にどう接すればいいのかわからないなぁ

・新入社員ってどうやって育てればいいの?

・私で大丈夫かな……


新入社員を部下や後輩に持つことがはじめてという人は不安ですよね。そこで、今回はいくつかある新入社員を育てるポイントの中でも、特に重要な「新入社員のやる気を育てる」ことについて紹介します。


新入社員がまず遭遇する「壁」とは?

挫折

新入社員にとって就職は、人生における大きな転換期です。

期待と不安の中で社会人としてのスタートをきったところです。


そして、新入社員の多くが共通して、最初に遭遇する「壁」があります。それは、「仕事や職場のメンバーの現実を知ってショックを受ける」ことです。

これは、いい意味でも悪い意味でもです。あなたも新入社員の時に経験がありませんか?


入社前に思い描いていた仕事と現実のギャップにショック受け、そしてそれを受け入れる。新入社員は、ここからスタートとなります。

なので、まずは新入社員がこのショックを受け入れられるように、新入社員の不安を受け止めて、フォローしてあげましょう。


新入社員の自信を育てる3つの方法

会社

次に行うことが今回のポイントです。

それは「新入社員の自信を育てる」ということです。


新入社員の多くは「私は社会人としてちゃんとやっていけるのかなぁ」という不安をもっています。(中には、根拠のない自信をもった新入社員もいますが……)


そこで重要になるのは、仕事に対する自信を育ててあげることなんです。この自信のことを「自己効力感(じここうりょくかん)」といいます。

自己効力感とは、「自分はこの仕事がうまくできる」という予測や確信のことです。

心理学者のバンデューラ(Bandura,A.)によると、この自己効力感、つまり自信を育てる方法は3つあります。


それはこの3つです。

(1) 成功体験

(2) モデリング

(3) 褒める・認める


それぞれを見ていきましょう。


(1)成功体験

新入社員の自信を育てるためには、「成功体験」が最も効果があります。人は物事をうまくできると自信を持ちます。

これは、あなたも経験がありますよね。


ポイントは、「小さな成功体験」を「繰り返し経験させてあげる」ことです。

小さなチャレンジを自分の力でやり遂げる。この経験を重ねることが仕事への自信を育てます。


そしてもう1つは「チャレンジ」です。

ちょっと努力しないとできない仕事や、自分で工夫する余地のある仕事を任せることが大切です。


難しすぎる仕事や結果が出るまでに時間がかかる仕事では効果がありません。また、簡単すぎる仕事や単純作業だけだと逆効果になるのでご注意を!


もちろん、新入社員なので、ほとんどの仕事は簡単な仕事や単純作業だと思います。なので、1日1つでもいいので、成功体験を味わえる仕事を用意してあげましょう!


(2)モデリング

モデリングとは、仕事のやり方を見せてあげることです。

つまり、あなた自身が新入社員の良いモデルになるのです。


人は自分でやるだけでなく、人がうまくやっている姿を見ることでも、自信をつけることができるんです。面倒ですが、一度やって見せてから、その仕事を任せることが重要なんです。


(3)褒める・認める

任せた仕事を新入社員がちゃんとできたら、必ず褒めてあげましょう!褒めることは、その人を認めてあげることです。

日本人は褒めることが苦手な人が多いのですが、とても大切です。

「成功体験」に「褒める」が加わるとさらに効果は増します。


新入社員の自己評価成果を高める

やる気のある会社員

新入社員の自信がある程度育ってきたら次にやることがあります。それは「自分で決めた目標を達成したことによる満足感」を経験させてあげることです。


「自分で決めた目標を達成したことによる満足感」のことを「自己評価成果(じこひょうかせいか)」といいます。

この自己評価成果は、努力を継続する粘り強さに関係すると言われています。


新入社員なので、仕事は指示することが多いと思います。

ですが、ある程度仕事ができるようになったら、いくつかの仕事は新入社員に自分で目標を決めさせるようにします。

もちろん、この目標は小さなチャレンジレベルになるようにアドバイスしてあげてください。

そして、それを達成できたら褒めることも忘れずに!


まとめ

新入社員のやる気を育てるには、ここまで見てきたように次の3つのステップを踏むとうまくいきます。


ステップ1.新入社員がショックを受け入れられるようにフォローする

ステップ2.自信(自己効力感)を育てる

ステップ3.自己評価成果を高める


新入社員の自信(自己効力感)が育っていると、これから困難や逆境に遭遇しても、自ら乗り越えようと行動します。また、自己評価成果が高まっていると、自ら仕事の目標を定めて、その達成のための努力を継続できるようになります。


ここまで新入社員が育てば、他の指導がスムーズに進むようになります。

ぜひ、試してみてください!


参考文献

「職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査」 

独立行政法人 労働政策研究・研修機構



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

新入社員のみなさん!これからの仕事で遭遇しやすい「壁」を知っておきましょう!

社会人になったら身につけたい仕事のストレスへの対処法とは?

急な人事異動でショックを受けているあなた……実はそれ、チャンスですよ!

「夫が家事や育児をしない!」この実態とは? ―共働き世帯の現状―

「最近、仕事で嫌なことばっかりだなぁ」、これをそのままにしておくと危険ですよ!

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ