自分磨き

【知らないと損】シングルマザーや貯金ゼロで子供を産んでも大丈夫?

子供にかかるお金

「出産・子育てはぜいたく品、嗜好品になった」とも言われる昨今。

出産・子育ては、お金も時間もかかるもの、というイメージが強いように思います。


「子供を一人育てるのに数千万かかるっていうし」

「いつか子供が欲しいけど、今は貯金が無いから」

など、お金を理由に出産を躊躇している方もいるでしょう。


今回は、そういったお金の不安を減らすために、「出産・子育てにまつわる金銭的な支援制度」についてご紹介します。


出産費用が準備できなくても大丈夫

出産費用

出産にはお金がかかります。出産方法や病院によって、値段は異なりますが、厚生労働省のデータによると、平成22年~平成24年度の平均額は47万円~49万円ほどだということです。(※1)


ですが、このお金が出産時に用意できなくても、問題はありません。


出産育児一時金の直接支払制度を利用すればいいのです。


出産育児一時金とは?

健康保険が効かない出産・妊娠にかかる費用による家計への負担を軽減することを目的にした制度です。すべての女性を対象としており、子供を一人出産するごとに基本的に42万円が支給されます。


直接支払制度とは?

直接支払制度とは、国民保険・健康保険から、病院に直接「出産育児一時金」を支払う制度です。分娩費用が支給額よりも安かった場合には、差額を指定口座に振り込んでもらうことも可能です。


直接支払制度に対応していない医療機関で出産予定で、費用が準備できない場合

病院によっては、この直接支払制度に対応していない場合もあります。その場合は、「出産育児一時金貸付制度」を利用しましょう。この制度は、出産予定日まで1ヵ月以内で、妊娠4ヶ月以上の人であればどなたでも利用できます。貸付限度額は33万円で、貸付金の返済には出産育児一時金が利用できます。


出産育児一時金の支給額や支払方法について、詳しくは下記URLを参照してください。


★厚生労働省 出産育児一時金の支給額・支払方法について


しばらく働けないから不安、という方でも大丈夫

育児中のママ

出産育児一時金があるため、出産費用の心配が無いことはご理解いただけたと思います。けれど、「出産はできても、そのあとしばらく働けなくなるから金銭的に不安」という方も多いでしょう。


次に、仕事を休んでいる間にもらえる手当・支援制度について確認していきましょう。


出産手当金

出産後も仕事を続ける予定の会社員・公務員の方は、出産手当金を受け取ることができます。この制度は、産休中に給与が出ない方の収入援助を目的としています。この制度を利用すると、通常勤務しているときの月給の約三分の二の金額を産休期間中に受け取ることができます。


★全国健康保険協会 出産手当金


育児休業給付金

産後56日目から原則1才になるまでの収入を援助する目的に作られた制度です。雇用保険に加入しており、育休前の2年間のうち、11日以上働いた月が半年以上ある人を対象としています。支給額は、原則として休業開始時賃金日額×支給日数の67%(育児休業の開始から6か月経過後は50%)相当額となります。


★ハローワークインターネットサービス 育児休業給付金


失業給付金の受給期間延長

失業給付金は、本来、再就職をするまでの一定期間、職探しをしながら生活を支えるお金を受け取れる制度です。通常であれば、受給期間は退職してから一年以内になります。ですが、出産を機に退職した女性は、その後すぐに就職活動を行うことができませんよね。そういった方は、失業給付金の受給期間を最長4年まで延長することができるんです。手続きはハローワークで行うことができるので、気になった方はお近くのハローワークにお問い合わせください。


★ハローワークインターネットサービス 受給期間の延長


子供が生まれた後にも手当は続く

子育て

また、子供が生まれたことでかかる生活費、育児の費用などを支援する目的の「児童手当」も活用できます。申請した翌月から支給されるため、出産後は速やかに現住所の役所に申請を出しましょう。


夫婦の所得が960万円以下の世帯で、月額1万円~1万5000円を子供が中学校を終了するまで受け取ることができます。詳しくは下記URLをご確認ください。


★内閣府 児童手当


シングルマザーにはさらに手厚い支援がある

シングルマザー

また、ひとり親家庭の場合、子供が18才になるまで「児童扶養手当」「児童育成手当」といった手当を利用することもできます。


児童扶養手当とは?

児童扶養手当は、離婚・未婚でひとり親家庭の場合、または配偶者に重度の障害があるなどの事情がある場合に支給される手当です。支給額は所得に応じて変動し、約1万円~4万円ほどの幅があります。また、二人目以降は数千円支給額が上乗せされます。


★厚生労働省 児童扶養手当


児童育成手当とは?

児童育成手当も、離婚・未婚でひとり親家庭の場合、または配偶者に重度の障害があるなどの事情がある場合に支給される手当です。金額は自治体によって差があります。たとえば、東京の八王子市であれば、毎月1万3500円が支給されます。(※2)


つまり、シングルマザーの方であれば、「児童手当」「児童扶養手当」「児童扶養手当」の3つの手当を利用することができるのです。


さいごに

今回は、出産・子育てに関する支援制度について簡単に解説してきました。これらの手当は、申請をしなくては利用できない制度ばかりですので、忘れずに申請を行いましょう。支援制度に対する知識をつけて、公的なサポートを利用し、出産・子育ての不安を軽減していただければ幸いです。


※1 厚生労働省 出産育児一時金の見直しについて 

>P.2全国の平均的な出産費用について


※2 八王子市 児童育成手当



≫【バックナンバー】40歳までに知っておくべきこと

30代で投資を始めてみよう。お金オンチこそ投資を始めるべき理由

資産を増やすつもりが逆効果? 初心者が手を出してはいけない投資とは

医療保険の保険料を安く抑える超簡単な方法。月々2千円で安心を買う

自然とお金が貯まる買い物の極意「投資・消費・浪費」のうちどれ?

失業はキャリアアップのチャンス?月10万円もらいながらスキルアップ!

知らないと損「いい年なんだから保険ぐらい入らないと」ってホント?

30代女子に必要な医療保険とは? 月1万円は払いすぎかも!

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ