自分磨き

やりたい仕事がわからなくて転職サイトを彷徨っていませんか?でもそれ間違った行動ですよ!

転職サイト

「私って本当は何がしたいんだろう?」


今の仕事にやりがいを感じない。だけど、どんな仕事ならやりがいを感じるのか、考えても考えても答えが見つからない……。

こんな悩みで苦しんでいる人はたくさんいます。


そして、こんな悩みを抱えている人がとってしまいがちな間違った行動があるんです。それは、「転職サイトで求人を見て、やりたい仕事を探してみる」です。

あなたもやっていませんか?


でも実は、これではやりたい仕事を見つけるのはかなり難しいんです。それはなぜでしょうか?


転職サイトで見つけられるもの

転職活動

転職サイトに載っているもの、それはもちろん求人情報です。それも膨大な件数です。特に大手サイトでは。


そのため、転職サイトを利用する場合は、自分で「条件」を入力して求人を絞り込みます。例えば、職種、勤務地、年収、キーワードなどの条件です。


これは、転職サイトは「利用者が探したい仕事の条件がわかっていること」を前提としていることを意味します。

探したい条件がわかっていること、言い換えると「やりたい仕事がすでにわかっていること」が前提のシステムということです。


つまり、転職サイトは、自分がどんな仕事をやりたいかがわかっている人が、効率的にその求人情報を見つけるためのサイトなのです。


転職サイトではやりたい仕事が見つけられない理由

困る女性

転職サイトは、やりたい仕事がわかっている人が効率的に求人情報を見つけるためのサイトです。

では、そのサイトをやりたい仕事がわからない人が利用するとどうなるでしょうか?


ピンとくる求人が見つかるまで、片っ端から求人を見ていく。というのは、膨大な求人件数を考えると現実的ではありませんよね。


そうなると、多くの人は、「職種」を選んで探します。

例えば、営業とか経理とかです。

でもこれは、どんな仕事をやりたいのかがわからないまま、イメージだけで職種を選んでいることになります。

「この仕事なら、やりがいを感じるかもしれないな……」といった感じです。


そして、その求人を見ながらこう思います。「うーん、どうなんだろう?よくわからない」だから、また別の求人を見てみる。


そして、これを繰り返しながら転職サイトを彷徨っていくことになるのです。本当にやりたい仕事を見つけることができないまま……。


転職サイトを見る前にやるべきこととは?

転職サイトを見る前にやるべきこと。それは、自分がどんな仕事であれば「やりたい!」と思えるかを整理することです。

仕事の内容、年収、働く環境などを具体的にしていきます。

それができないから悩んでいるんだけど……ということだと思いますので、その整理方法を紹介します。


自分が本当にやりたい仕事は次の3つを整理することで見えてきます。


(1)自分の「関心」について

(2)自分の「価値観」について

(3)自分の「得意なこと」について


これはキャリアに関する理論家であるJ.D.クランボルツの理論です。

それぞれ見ていきましょう。


(1)自分の「関心」について

関心

これは、自分が興味のあることや好きなことです。

これを整理するには、例えば、こんな質問に答えてみてください。


・今までの仕事を振り返って、好きな仕事は何でしたか?嫌いな仕事は何でしたか?

・仕事で「楽しい!」と感じた経験はありますか?

・プライベートで「楽しい!」と感じるのはどんな時ですか?


この質問の答えを書き出してみましょう。

書き出せたら、それが「なぜ」好きなのか?楽しいと感じるのか?という理由を書き出してみます。

そうすると共通したものが見えてきます。

それが、あなたの「関心」になります。


(2)自分の「価値観」について

価値観

これは、自分が「大切だ」と思っていることです。

これを整理するには、例えば、次の4つの項目について、それぞれ5つずつ書き出してみてください。


・これだけは譲れないという「仕事の内容」 (人と接する仕事など)

・これだけは譲れないという「労働条件」 (年収、労働時間など)

・これだけは譲れないという「職場の人間関係」 (チームで仕事をするなど)

・これだけは譲れないという「職場の環境」 (きれいなオフィスなど)


20個書き出せたら、その中の上位5つを選んでください。

それが、あなたが仕事をする上で大切にしたいものです。


(3)自分の「得意なこと」について

得意なこと

これは、あなたの強みになります。

これを整理するには、例えば、こんな質問に答えてみてください。


・あなたが自分自身で「これは得意だ」「これは私の強みだな」と思っていることが何ですか?

・「あなたは〇〇が上手だね」と他人から褒められたことは何でしたか?

・「さすがだね!」と他人から認められたのは、どんな仕事をしたときでしたか?


この質問の答えを書き出してみましょう。


この3項目が揃ったら、その3つをすべて満たすことができる仕事について考えてみましょう。どんな仕事を、どんな条件の会社ですることができれば、あなたはやりがいを感じるでしょうか?


その答えが見えてくるはずです。

そうしたら、転職サイトにその条件を入れて、求人を検索してみましょう!

きっと、あなたが本当に「やりたい!」と思える仕事に出会えるはずです。


参考文献:「A social learning theory of career decision making」J.D.クランボルツ 1979



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

働くママとパパ、感じているストレスに違いがあるって知っていますか?

資格を持っていると転職に有利って本当?

これからのビジネスの世界で生き残っていくために必要な4つのこと

プライベートの幸せと仕事の充実、この「二兎を追う」のは贅沢?

あなたは知っていますか?人生を充実させる秘訣―人生の4つの役割

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ