自分磨き

あなたは知っていますか?人生を充実させる秘訣―人生の4つの役割

人生を充実させる秘訣

あなたは今、充実した毎日を過ごしていますか?もし答えがNOであれば、ぜひこのコラムを読んでみてください。


誰でも人生は一度きり。充実したものにしたいですよね。

でも、どうすれば人生って充実するの?

こんな疑問も浮かんできます。


そこで、今回は人生を充実させる秘訣について紹介します。


人生の4つの役割

キャリアに関する理論家であるハンセンによると、人には人生において果たすべき4つの役割があります。それは次の4つです。


(1)愛  Love

(2)労働 Labor

(3)学習 Learning

(4)余暇 Leisure


それぞれについてみていきましょう。


(1)愛 Love

LOVE

誰かに愛を与える、そして愛をもらう役割です。主に家庭での役割や子育てがこれにあたります。


例えば、親や兄弟・姉妹、旦那さんなどの家族からは愛をもらっているでしょう。もちろん、あなたも同じくらい家族に愛を与えていると思います。

これが家族の役割です。


また、子供が生まれて親になると、愛を与える役割が増えるでしょう。子供に十分な愛を与えながら、子供からも愛をもらう、これが子育ての役割です。


それだけではありません。

恋愛をすれば、恋人に愛を与えるだけではなく、恋人からの愛を受け取ることでしょう。

ペットへの愛もここに含まれるかもしれません。


この「愛(Love)」の役割は、人によって対象はさまざまで、その形も多種多様なものになります。


(2)労働 Labor

Labor

これは、働く役割です。


主なものは仕事になります。労働を提供して、その対価として報酬を受け取る仕事です。会社に勤めていたり、経営者だったり、フリーランスだったりと働く形態はさまざまです。


ただ、これだけではありません。

家族や自分のために行う家事などの労働もここに含まれます。


(3)学習 Learning

Learning

これは、何かを学ぶ役割です。


学生時代はこの役割が中心ですよね。

勉強が好きだった人も、嫌いだった人も、社会に出るために必要な知識を学んで身につけたと思います。


また、社会人になってからも、資格の勉強など自己啓発をがんばっている人もいます。


ただ、ここでいう「学習(Learning)」は机に向かって勉強することだけを指すものではありません。

例えば、こんなことも学習になります。


・仕事で新しいことを覚える

・本を読む

・スポーツが上達する

・新しい趣味を始めて、今までやったことのない経験をする

・テレビを観たり、人からいろいろな話を聞いて、新しい知識を取り入れる


何か新しいものを取り入れて成長する、こんな役割です。


(4)余暇 Leisure

Leisure

これは、楽しむことに時間を使って、心身をリフレッシュする役割です


人によってその時間の使い方はさまざまです。

例えば、こんなことです。


・趣味に没頭する

・友達と食事やおしゃべりをする

・旅行する

・ゆっくりと過ごす

・スポーツを楽しむ


リラックスして自分の好きなことを楽しむ、こんな役割です。


大切なのは4つの役割のバランス

バランス

ここまでは、人が人生において果たすべき4つの役割について見てきました。


・愛 (Love)

・労働(Labor)

・学習(Learning)

・余暇(Leisure)


この4つの役割は、「すべて満遍なく行わなければならない」というものではありません。大切なのはその「バランス」です。


じゃー、どんなバランスが理想的なの?そう思った人もいるかもしれません。


しかし、何が理想的なバランスなのかは人それぞれになります。そして、この「人それぞれ」というところがポイントなんです。


4つの役割のバランスが取れているかどうか?

この基準は、あなたが「どんな人生を送りたいか」という理想になります。


自分が考える理想のバランスと現実のバランスが合っている程、人は充実感を覚えます。そして、ここにギャップがある程、辛さや苦しさを感じるようになるのです。


自分の「4つの役割のバランス」をチェックしてみよう!

チェック

それでは、あなたの4つの役割のバランスについてチェックしてみましょう!

その方法は、次の3ステップになります。


<ステップ1>

まずは、あなたの現状を見てみましょう。

直近の1ヵ月もしくは3ヵ月を振り返って、4つの役割にどれぐらい時間を使っていたかを計算してみましょう。

睡眠時間は除いてくださいね。


そして、計算ができたら棒グラフか円グラフにしてみましょう。

<例>

バランス例
<ステップ2>

次は、自分の理想とする4つの役割の時間を考えてみましょう。

ポイントは、今のあなたの置かれている現実はすべて忘れて考えてみることです。あらゆる制約条件がない前提で考えてみましょう。

これもグラフにしてみます。


<ステップ3>

最後に、ステップ1で計算した今のあなたの4つの役割のバランスと、ステップ2で考えた理想的な4つの役割のバランスを比べてみます。


いかがでしょうか?

あなたの今は、理想どおりのバランスだったでしょうか?それともギャップが大きかったでしょうか?


もし、ギャップがあった場合は、そのギャップを埋めることが人生を充実させるためには必要になります。そのギャップを埋めるためにはどうすればいいでしょうか?


この答えが、あなたの人生を充実させために、やらなければいけないことなのです!



参考文献:「新版 キャリアの心理学」 渡辺三枝子 編著 ナカニシヤ出版



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

働くママとパパ、感じているストレスに違いがあるって知っていますか?

資格を持っていると転職に有利って本当?

これからのビジネスの世界で生き残っていくために必要な4つのこと

プライベートの幸せと仕事の充実、この「二兎を追う」のは贅沢?

本当にやりたい仕事が見つかる3つの方法

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ