自分磨き

これからのビジネスの世界で生き残っていくために必要な4つのこと

ビジネス社会と女性

あなたはこれからもバリバリ仕事をしていきたいと思っていますか?

もし、そうであればこのコラムの内容はきっと役に立つはずです。


今はとても変化の激しい時代です。

ある商品やサービスが流行ったと思ったら、あっという間に見なくなりますよね。


だから、ヒット商品を生み出して、もてはやされた会社が数年で消えてしまったりします。

さらに、日本を代表するような企業でも倒産したり、買収されたりしています。

現代はすでに、昔のように一つの会社に勤めあげて、安定した生活を得られる時代ではなくなりました。

そして、この流れは今後さらに加速していくことが予想されます。


そんな中で仕事を続けて生き残っていくためには、どうすればいいのでしょうか?


これからの時代に必要な能力とは?

仕事に必要な能力

変化の激しい現代に仕事を続けていくためには、どんな能力が必要なのでしょうか?

それは「適応力(アダプタビリティ)」です。

これは、キャリアに関する理論家であるサビカス(Savickas,M.L)の理論です。


「適応力(アダプタビリティ)」とは、絶えず変化する環境に柔軟に対応していける能力です。


これからの時代は社会環境が絶えず変化し続けていきます。それもかなりのスピードで。


そうすると、自分を取り巻く環境も変化してきます。

仕事の環境ももちろん、早いスピードで変化していきます。

求められる役割が変わったり、まったく別の仕事をしなければいけなくなるかもしれません。


そんな変化に対応できず、自分を変えられないと生き残っていけなくなります。

だから柔軟に自分を変えていける能力「適応力(アダプタビリティ)」が求められるようになるのです。


では、そんな「適応力(アダプタビリティ)」を身につけるにはどうすればいいのでしょうか?


「適応力」を身につけるために必要な4つのこととは?

サビカス(Savickas,M.L)によると「適応力(アダプタビリティ)」を身につけるためには4つのことが必要になります。

それは次の4つです。


1.関心

2.統制

3.好奇心

4.自信


それぞれの内容をみていきましょう。


1.関心

仕事への関心

これは、「自分のキャリアの未来に対する関心を持っている」ということです。


目の前の仕事や短期的なキャリアだけにとらわれずに、未来志向で自分のキャリアについて常に考えている。

そんな態度や心がけを持っているかどうか、ということです。

4つの中ではこれが最も重要です。


これを持っていると、自分の願望やビジョンを仕事に結び付けて考えることができるようになります。

そうすると様々な変化が起きたとしても、それを前向きに捉えて、柔軟に考えていくことができるようになるのです。


2.統制

未来を考える

これは、「私のキャリアを創っていくのは私だ!」という信念のことです。


自分の未来を決めるというコントロール(統制)を他の人や会社に委ねていないということです。

「私の未来は私が所有している」、こんな感覚です。


実は、本当の意味でこれを持っている人は少ないんです。

いつも、会社や上司の愚痴を言っている人、周りに多くないですか?


これを持っている人は自分の人生に責任を持っています。

だから、様々な変化が起きたとしても、人や周りのせいにはせず、その変化に向き合います。

そして、決断を先送りにしたり、人任せにしません。

そうすることで、変化に素早く対応していくことができるようになるのです。


3.好奇心

好奇心を持つ

これは、「仕事に関する好奇心を持ち続けている」ということです。


好奇心のアンテナを張って、常に新しい知識などを積極的に吸収します。

そして、新しいことにチャレンジすることを楽しんで、経験を増やしていきます。


これを持っていると、様々な変化が起きたときに、それをチャンスだと捉えて、楽しんでその変化に対応しようとします。

そして、新しいものを吸収して、変化に対応していけるのです。


また、好奇心によって増やした知識や経験などが、変化に柔軟に対応するための資源になりやすくなります。


4.自信

自信を持つ

これは、「どんな変化が起こっても、私はそれに対応していける!」という自信です。


自分の強みを理解していて、柔軟な思考力を持っていることが必要になります。


ただ、これは変化に対応した経験を積む中で育まれるものになります。

そのため、まずは他の3つを身につけて、変化に対応する経験を積む中で、この自信を育てていくことになす。


まとめ

これからの変化の激しい世界で仕事を続けていくためには「適応力(アダプタビリティ)」が必要になります。


そして、その「適応力(アダプタビリティ)」を育てるためには、次の4つのことが必要なんです。


1.関心

2.統制

3.好奇心

4.自信


まずは、「関心」「統制」「好奇心」を身につけてみましょう!

これは、心がけや態度のことなので、そんなに難しくはないですよね。


これらが身につくと、変化に対応できるようになっていきます。

そして、変化に対応した経験を積むと、自然と「自信」がついていきます。


そうすれば、将来、どんな変化が起ころうとも、自分の望む仕事をして、満足感の高いキャリアを自分で創っていくことができるようになります。


参考文献:「新版 キャリアの心理学」 渡辺三枝子 編著 ナカニシヤ出版



▼著者:浦田 大暁の人気コラム▼

プライベートの幸せと仕事の充実、この「二兎を追う」のは贅沢?

本当にやりたい仕事が見つかる3つの方法

「人の役に立つ仕事がしたい!」では、本当にやりたい仕事にたどり着けない理由とは?

「本当にやりたい仕事を見つけたい!」は逃げているだけ?

仕事で活躍し続けるために必要なたった1つの能力とは?

  • 浦田大暁(キャリアコンサルタント/中小企業診断士)

    1977年生まれ、静岡県出身。「このまま今の仕事を続けていていいのかな?でも本当にやりたいことがわからない…」 こんな悩みで苦しんでいる30代を支援する、やりたい仕事探し専門のキャリアコンサルタント。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ