自分磨き

貯金がない30代女子よ!電気のコンセントを抜く節約術は生ぬるい

節約術

「給料日が待ち遠しくて仕方がない」

「いつもカツカツで貯金なんてしている余裕はない」

そんな、貯められない系30代女子のみなさんこんにちは。


30代ともなれば、結婚や出産、マンションの購入など、お金がかかるイベントが盛りだくさんですから、「貯金が無い」こともある意味仕方がないことなのかもしれません。


でも、そのままでいいとは思っていませんよね?


今現在お金が貯められていないということは、40代になっても、50代になっても貯められないということです。40代・50代になれば、子供の教育費や、親の介護などの費用も必要になってくる可能性が高まります。


貯めるなら、30代の今から始めるべきなのです。


逆に言うと、30代で貯める習慣をつけてしまえば、その後も貯金を続けることが可能になります。


30代の今のうちに、貯金を習慣化しましょう!


給料日前、いつもお金が無いのはなぜ?

お金が無い

「そんなこと言っても、毎月お給料ギリギリで生活しているのに、貯金なんて無理」と言う人もいるかもしれません。


なぜ、あなたは給料日前にいつもお金がないのでしょうか?


「お給料が安いから」ではありません。

年収2000万円の人だって、給料日前にソワソワしている人は沢山います。


給料日前にお金が無くなるのはズバリ、「稼いでる以上に使っているから」。

「収入と支出」のバランスを管理できる人が、貯められる人、なのです。


貯める方法は大きく2つしかありません。

①収入を増やす

②支出を減らす


このどちらかです。


会社員の方で副業を禁止させている場合は、収入を増やすのはなかなか難しいかと思います。それゆえ、貯金のためにまずはじめることが「節約」になりがちです。


まずは、支出を把握しよう!

支出を把握する

節約も貯金においては大切ですが、それよりもまずは、支出を把握することが大切です。


でも、家計簿とかって、めんどくさいですよね。

毎日レシートをとっておいて、ノートに記録したり、家計簿アプリに毎日入力したり……よっぽどマメな人でないと続けられないと思います。


「毎日家計簿をつけるなんて私にはできそうにない」という方におススメなのが、「月に一回家計簿」です。


まず、一ヵ月、レシートを全部とっておくようにしてください。

そのレシートを、クリアファイルに分類ごとに仕分けしておき、月末に一気に計算するだけでOKです。


家計簿の分類

・家賃

・通信費(スマホ代・インターネット代など)

・光熱費(電気・ガス・水道)

・食費(外食・自炊に分けてもよい)

・交通費(電車・タクシー・ガソリン・駐車場)

・日用品(トイレットペーパー、洗剤など)

・服飾代(服・鞄・アクセサリーなど)

・美容代(ヘアサロン・マツエクなど)

・趣味代(マンガ・ヨガなど)

・その他


ざっと一か月ごとに支出を計算してみると、「自分がどこにお金を使っているのか」「赤字か黒字か」を知ることができます。


支出を確認したら、次は削れる部分を見つけてしていきます。


電気のコンセントを抜く、よりも効果的なのは「固定費を下げる」

貯金のための節約というと「こまめに電気を消す」「コンセントを抜く」などを思い浮かべる方が多いかと思います。それも重要なことだと思いますが、貯金のためにもっとも効果的な方法は「固定費を下げる」ことです。


固定費とは、家賃・スマホやインターネットなどの通信費・光熱費などの「毎月固定でかかるお金」のことです。


もっともダイレクトに固定費を減らせる方法は、

・家賃を下げる

・通信料を下げる

ことでしょう。


可能であれば、家賃が安いところにお引越しする、というのも一案ですし、賃貸の方は「更新時に家賃の値下げを打診してみる」というのも効果的です。


築年数が上がるごとに、家賃は下がるのがふつうですよね。

ですから、長年続けて住んでいる場合は、家賃の引き下げに大家さんが応じてくれる場合も珍しくはありません。


私自身、家賃更新時に、家賃の値下げを打診したことがあります。家賃の値下げには応じてもらえなかったものの、更新料を半額にしていただきました。このことを友人に話したところ、「さすが関西人! そんなことしていいと知らなかった」と言われたのですが、何人でももちろん、交渉してOKですよ!


また、見落としがちなのが「スマホ・携帯の料金」です。


最近は格安SIM携帯がたくさん販売されていますよね。「大手キャリアの方が安心だから」と思って食わず嫌いをしているのはもったいないと思います。


私は、iPhoneを使っていて、月に約1万円払っていましたが、フリーテルという会社の格安SIM携帯に乗り換えたところ、月々の料金は2000円に下がりました。スマホとしての機能も全く問題ありません。


月々8000円マイナスで、年間9万6000円安くなった計算です。


このように、毎月発生する固定費を見直すことで、数万円の節約になることは少なくありません。


貯金がしたいと思っている方は、ぜひ「支出の把握」と、「固定費の見直し」から始めてみてください。



≫【バックナンバー】40歳までに知っておくべきこと

「30代女子の平均貯蓄額500万」「老後資金は1億」に騙されないで

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ