自分磨き

「30代女子の平均貯蓄額500万」「老後資金は1億」に騙されないで

平均貯蓄額

30代女子のみなさんこんにちは。


突然ですが、貯金、ありますか?


テレビや雑誌などで、「30代女子の平均貯蓄額は平均500万!」「老後資金は最低一億かかる!」なんて特集を見て、「そんなに貯金ないし……」「月末はいつもピンチの私って、老後どうなっちゃうんだろう」と焦ったり不安に思っている方もたくさんいらっしゃると思います。


本連載では、大人女子が、40歳までに知っておくべき様々なことを、簡単にご紹介していきます。


知っておくべき最初のこと、それは「お金」のこと。

お金のことって友達にも相談できにくいですし、本を読んだりするのもおっくうだったりしますよね。


でも! 国の給付金や保険のこと、貯金の方法など、ご自身に知識が無いと、何十万、何百万も損をしちゃうってことだってあるのです。


「損しないためのお金の教養」をしっかり身につけていきましょう!


「30代女子の平均貯蓄額500万」のからくり

平均貯蓄額のからくり

金融広報中央委員会が2017年に行った調査によると、二人以上世帯の平均貯金額は、1151万円でした。(※1)


ですが、ここで注意すべきなのは、「平均額」とは実際の「平均」ではないということです。


例えば

Aさん家の貯蓄がゼロ円

Bさん家の貯金がゼロ円

Cさん家の貯金が6000万円

だった場合、貯金の平均額は2000万円と計算されてしまいます。

実際には2000万円に近い貯蓄額がある人はいないにも関わらず、こういった結果がでてしまうのです。

ですから、本当に参考にすべきは平均値ではなく、中央値です。


中央値とは、「貯蓄額が低い順番に並べたときに、ちょうど真ん中に位置する値」のことです。中央値を見れば、一部のとびぬけて高額な貯蓄をしている人の貯蓄額の影響を受けることが無いので、実際の「平均」を見ることができます。


先ほどの二人以上世帯の貯蓄に関して言うと、

「平均額は1151万ですが、中央値は、380万円」となります。


実際の二人以上世帯の多くは、貯蓄額が380万円しかありません。

個人の貯金ではありませんよ。二人以上の世帯の平均貯蓄額です。


全世代の貯蓄額であることを考えると、「30代女子の平均貯金額は500万!」というのは、実は正しい平均を表していない、ということが理解できるかと思います。


「老後の資金は1億円」はほんと?

老後の資金は1億円?

では、老後資金1億円、についてはどうでしょうか?


こちらもよくテレビや雑誌などで聞く数字ですよね。


これについては、私もビビらされてきました。

「老後までにそんなに貯められるわけない!」

「老後、猫しか友達がいないホームレスになってしまうかも」

そんな風に不安に思うこともありました。


ですが、実は、そういった「老後資金額」は根拠が乏しいことが多いのです。


というのも、この「老後に必要な資金」の調査が、「毎月いくら必要だと思うか」をまず若年世代に質問し、そこから試算していることが多いからです。質問に答えている世代はまだリタイアには程遠く、実際いくらかかるのか、ということを把握していません。


それに、そういう調査を行っている会社って「保険会社」や「金融商品を扱っている会社」、「保険会社にスポンサードされているテレビ番組」であることが多いんですよね。


つまり、「老後までにこれだけ貯めないといけない」と不安をあおって、金融商品の購入を進めようとしていることが多いわけです。


「老後資金は〇円かかる! だから今のうちに保険を! 投資を!」といたずらに不安を煽ってくる人たちにはくれぐれも注意してください。


でもやっぱり貯金・投資は必要

貯金は必要

とはいえ、もちろん将来に備えて貯金・投資をすることは必要です。大切なのは、「はい、これです」と提示された金額や情報を鵜呑みにしないことです。


貯金は、急に病気になったときにあなたを助けてくれるだけではありません。

あなたの可能性を大きく広げてくれるものでもあります。


例えば、会社に理不尽な要求を突き付けられたとき、充分な貯金がないと、奴隷のように言うことを聞かねばならず、悔しい想いすることになるでしょう。充分な蓄えがあれば、退職し、失業保険や職業訓練校を利用しながら、キャリアチェンジをはかることができます。


「そんなこと言っても、日々の生活でギリギリで貯金なんてできない」

「コンセントを抜いて電気代の節約をして頑張ってるつもりでも、全然余裕ができない」

と言う人もいるでしょう。


次回は、「節約しているのに、なぜか貯金ができない」「貯金の仕方が分からない」という方のために、「簡単に貯金が始められる方法」をお伝えしていきます。


お金持ちというのは、「年収が高い人」のことではありません。年収1000万円でも、日々の支払いに追われて、カツカツになっている人は少なくありません。そういう人は、生活レベルを上げすぎて、お金の管理がきちんとできていない人なんです。


本当のお金持ちとは、「生活するうえで、お金の心配をしていない人」のことです。お金の管理さえきっちりできれば、お金持ちになることも難しくはありません。



※1 金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果

https://www.shiruporuto.jp/public/house/loan/yoron/futari/2017/



  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ