自分磨き

憧れの「タワーマンション」って実際どうなの? 女がひとりで家を買う(仮)#15

女がひとりで家を買う

マンションを買おうかどうか検討中の私、東(ライター・33歳)。色んな物件を見ていると、ついつい目に飛び込んでくるのがタワーマンションの広告。手が出ないと分かっているけど、やっぱり気になる……!


私「ねえ、40歳の私。タワーマンションってどうなの? 簡単に買える物件じゃないとは分かってるけどさ、一応どんな感じなんだろう。都会の景色を見下ろすなんて、成功者って感じがするわ~。朝はエスプレッソを飲みながら英字新聞読んで、夜は赤ワインを傾けながら夜景を見るイメージよ……」(うっとり)


東40歳「ははは……なにかの映画の見過ぎかしらね。まあ私も、若い時はタワマンに憧れたもんよ。今回は、憧れのタワーマンションについてサクッと見ていきましょう!」


■ジムやラウンジなど…共有の施設が充実!

タワーマンションの施設"/

東40歳「タワマンのメリットは、景観がいいだけじゃないの。施設が充実している、というメリットもあるわね。住居者専用のラウンジや、フィットネスジムがついていたり」


私「ジムかぁ。いいなぁ。同じ敷地にあれば、毎日通えるような気がする!」


東40歳「ジムだけじゃなくて、テニスコートやバーベキューができるスペースがある物件もあるらしい」


私「すごい、まるでペンションね! もし住んでいたら友達を呼んで自慢したくなっちゃう」


■まるで鉄壁!?セキュリティが厚くて安心

タワーマンションのセキュリティ"/

東40歳「タワーマンションはセキュリティもばっちり。オートロックがいろんなところに複数設置されているわ。エントランスだけでなく、エレベーターの操作もルームキーが必要だったりね。指定階以外のボタンを押すこともできない建物もあるわ」


私「さすがセレブ物件は鉄壁ね。泥棒に指一本触れさせない! 女性も安心できそう」 


東40歳「フロントには24時間体制で人がいたりするから、そういった点では頼もしいわね」


■まるでホテル!?タワマンの手厚いコンシェルジュサービス

タワーマンションのコンシェルジュサービス"/

東40歳「タワマンには、コンシェルジュがいるのも大きな特徴よね」


私「憧れるわぁ~! でも具体的には何をしてくれるの?」


東40歳「物件により異なるのだけど、たとえば不在時に宅配便を受け取ってくれるサービス。他にもクリーニングや、ベビーシッターの手配など。何かと生活の手助けをしてくれるのが特徴よ」


私「マンションなのに、まるでホテルみたいね!」


東40歳「ルームサービスを受けられる物件もあるのよ。ケータリングや、ハウスキーピングを頼める物件もあったり……」


私「まさに至れり尽くせり! 仕事が忙しい人は頼れそう」


東40歳「そうね。これらのサービスは物件ごとに異なるの。最近はどのタワマンも競うようにサービスの質を高めているんだって!」


■タワマンのデメリットについて考えてみる

タワーマンションのデメリット"/

東40歳「続いて、デメリットについて見てみましょう」


私「なんとなく想像つくわ。ズバリ、高いところでしょう!」


東40歳「正解よ。タワマンは全てにおいて高いわよね。価格、管理費、固定資産税、修繕積立費……」


私「たしかに。コンシェルジュやジムなど施設が充実しているんだから、莫大な管理費を取られそうね(笑)。他にもデメリットはあるの?」


■降りるのに時間がかかる!?深刻なエレベーター問題

タワーマンションのエレベーター問題"/

東40歳「エレベーターで下に降りる時間がかかる、というデメリットがあるわね。これが嫌で引っ越す人もいるらしいから、バカにならない問題なのよ」


私「たしかに。私は今9階に住んでいるけど、急いで外出するときに、エレベーターが1階にいたら……結構イライラするわよねえ」


東40歳「もし、30階に住んでいたら……?」


私「ひえ~! 気が遠くなるわ」


東40歳「特に通勤通学の時間は要注意ね。みんながエレベーターで降りようとしてるんだから。エレベータフロアで行列が……なんて事態もあるかも!」


私「待ち時間も考慮して家を出なきゃいけないのね。下に降りるだけでも時間がかかるなんて……はぁ」


東40歳「もちろん、エレベーターを複数設置して、待ち時間が少ないように調整されているところもあるわ。下に降りるまでにどれくらいかかるのか、物件を選ぶときには必ずチェックしておきたいポイントね!」


■憧れのタワマン、実は一生住み続けたい人は少ない!?

東40歳「さあ、タワマンについてざざっと見たけど、どうだったかしら。最後に、面白い調査があるから紹介するわ。

読売広告社が行ったタワーマンションに住む女性に向けて行った調査があるの。それによると『今の家に一生住み続けたい』と思う人はわずか1.8%だったんだって!」


私「たった1.8%! それだけ!?」


東40歳「『終(つい)の棲家』として考える人はほとんどいないみたいなのよね。考えてみなさいよ、おばあちゃんになってもタワマンに住む自分を」


私「……」(想像中)


東70歳「ふぅ。若い時に憧れだけで買ったタワマンだけど、最近じゃ外出するのも一苦労。ジムもとうの昔に使わなくなったし、窓から見える景色も30年も住めば見慣れたものよ。なのに固定資産税はかかるし……はぁ」


私「うわ! 70歳の私、愚痴ばっかりね。ま、無理もないか。やっぱり若い時だけが楽しいのかな、タワマンって。がんばって何10年もローンを組んで買うお家ではなさそうね」


東40歳「そうね。購入したとしても、貸し出す人も多そうね。そんな背景が、『一生住みたい』1.8%につながっているのかもね!」


◆独身女のマンション格言15

タワーマンションのメリットやデメリットを知っておくべし



【バックナンバー】女がひとりで家を買う

・住宅ローンの利息は「複利計算」で!さっそく試算してみた #9
・最大400万円!家を買うと税金が戻る「住宅ローン控除」とは? #10
・駅近がいいとは限らない?マンションの周辺環境について考えよう #11
・1LDKじゃ足りない?独身女性にぴったりの間取りを考えてみた #12
・職場への距離、それとも…?住みたい駅を考えてみよう #13

  • 東 香名子(恋愛コラムニスト)

    ひとり妊活実践者。独身女性の本音に切り込み、これまで1000本以上のコラムを執筆。

    著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ