自分磨き

「トイレで出産した17才未婚の母」は不幸だと思いますか?後編 【連載】なんで子供が欲しいの?#5

なんで子供が欲しいの?

連載第五回目では、前回に引き続き、17才で出産した魚住有希さん一家のインタビューをお届けします。高校在学中に母となった有希さん、また有希さんの母親である今日子さんの子育て観はどういったものなのでしょうか。


今回お話しを伺ったご家族(すべて仮名)

魚住今日子(43)カウンセラー。31才で離婚後、女手一つで二人の子供を育てる

魚住圭介(22)今日子さんの息子

魚住有希(19)今日子さんの娘。17才で愛ちゃんを出産

魚住愛(2)有希さんの娘


父親がいなくても子供は育つ

父親がいなくても子供は育つ

お話しを伺っていく中で感銘を受けたのは、今日子さんの冷静でフラットな感覚です。

娘が10代で子供を出産するとなると、多くの母親は半狂乱になって娘を責めたりしそうなものですが、その場に居合わせた息子の圭介さん曰く、今日子さんは一度も有希さんを責めなかったといいます。


「私自身が離婚を経験していて、子育てについて後悔があったんですよね。今だったらもっと違う子育てができたにのって。だから愛が生まれて、今から子育てをやり直せる、っていう感覚もあったと思います。でもだからといって私が育てるわけではありませんけど。愛の母親はあくまで有希なので、あまり口出しせず、必要なときに助けられるように、見守ろうと思ってます」


今日子さんは、ご自身が女手一つで子育てをされてきたということもあって、「母親一人でもちゃんと子供は育つ」という実感があったようで、娘が結婚せずに子育てをすることについても人一倍理解がありました。


出産後、有希さんは一か月で学校に戻り、バレー部にも復帰します。学校には出産のことは秘密にしておいたそうです。


子育ては楽しい

子育ては楽しい

有希さんは高校を卒業後、育児に専念する傍ら、今日子さんの助手として仕事を手伝っています。

私が十代のころは自分のことで精いっぱいでしたし、やりたいことがたくさんありました。

「子育てに自分の時間をすべて使うような生活は苦ではないのか」と有希さんに聞いてみると、「高校のときは、学校と育児と部活で充実していて楽しかったし、卒業してからは愛とたくさんいれるようになったから、大変とか辛いとかはあまり思わないですね。子育てって楽しいと思います」とのこと。


今日子さんは子育ての楽しさに同意しながらも、デメリットとしてママ友の存在を挙げました。


「ママ友ってそのまま子供の付き合いに響いたりもするから、性格が合わなくても無理して付き合ったりすることもあるんです。それはやっぱりつらいですね。でもそれも子供が小さいうちのことだけなので、ちょっとの間我慢すればいいんですけどね」


こういったデメリットはあるものの、子育てはそんなデメリットを凌駕する喜びがあると今日子さんは語ります。


「愛が生まれる一か月前に母が亡くなったんです。自分の絶対的な味方である母を亡くして、家族の大切さを改めて実感しました。私の今の家族は子供たちです。もちろん家族のことを邪魔だなって思う時もありますよ(笑)。でも、家族がいるから安らげるし楽しい、私にとっては家族は生きがいですから」


ただ生きがいだからといって子供と自分を同一視することはない、と今日子さんは言います。子供を自分のもの、と考えるのではなく、一人の意志がある人間として育てることが大切だというのです。

子供も一人の人間

「子供って生まれたときから意志がある一人の人間なんですね。だから子供だからといって自分の思うままに操るのではなく、意見を尊重することが大切だと思ってるんです」


有希さんにも子育てのメリットを聞いてみると、ひざに愛ちゃんをのせて、ほっぺをぷにぷにしながら「う~ん、なんだろ~」としばらく悩んでいました。「なんですかね~」とほんわかトーンで考え続ける有希さん。


答えを聞くまでもなく、愛ちゃんを抱っこしている有希さんは紛れもなく幸せそうに見えました。有希さんにとって愛ちゃんがとても大切な存在であることが伝わってきて、彼女はそこにいるだけで幸せを感じられる存在を手に入れることができたのだと感じました。


あるべき家族の形は自分で決める

自分で決める

有希さんが出産した当日、兄の圭介さんから有希さんに宛てて送られてきたラインを見せてもらいました。そこには有希さんと愛ちゃんへの感謝の言葉がつづられていました。

「これから毎日がもっと楽しくなると思うよ。生まれてきてくれてありがとう」

突然の出産に不安だらけだったであろう有希さんへの気遣いと、生命の誕生に対するまっすぐな喜びが感じられました。


世の中には、片親の子供は不幸だ、というイメージがあります。

白状すると、私もどこかでそう思っていたふしがありました。


けれど、目の前にいる家族はどこからどう見ても幸せそうで、愛に満ちていました。子供を持たない夫婦がいるように、結婚しない家族、血がつながっていない家族、いろいろな形があります。


お互いを思いやり、愛している人とともに生活することを、どんな形であれ否定されるべきではないのだと感じました。魚住一家のほのぼのとした幸せオーラを目の前にし、「こうあるべき」という堅苦しい檻から私自身も少し解放されたような、清々しい気持ちになりました。




《バックナンバー》なんで子供が欲しいの?

・#1:「子供が欲しい」と積極的に思えない私はおかしい?


・#2:2人の子持ちが語る、子供を育てるメリット・デメリットとは?


・#3:「あんなふうになりたくない」29歳バレリーナが子供を望む4つの理由


・#4:「トイレで出産した17才未婚の母」は不幸だと思いますか?前編



  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ