自分磨き

「中古マンション」ってどうなの?特徴をまとめてみた 女がひとりで家を買う(仮)#8

女がひとりで家を買う

こんにちは。マンション購入を検討するか検討中のライター(33歳・独身)です。

ちょいと小耳に挟んだのですが、今やスマホでマンション売買する時代になったとか。メルカリなどのフリマアプリが流行っていたけど、まさか中古マンションの売買もネットでされているとは、驚きです。


東40歳「知ってる知ってる。『カウル』っていうアプリでしょ」


私「おっと、40歳になった私、来てたの!スゴイ時代になったもんね……。とはいえさ、中古マンションってどうなの?一回誰かが住んだ部屋でしょ?あんまり住みたいとも思わないけど」


東40歳「そうかなぁ。今住んでる賃貸の部屋だって新築じゃないし。あんたの前に、入居者がいたはずでしょ」


私「それは確かにそうだわ!キレイならへっちゃらかも」


東40歳「今の東京の物件は、マンションは新築より中古が売れている、なんてデータもあるのよ!」


私「そうなんだ!?中古って実際どうなの?購入の選択肢に入れるべき?」


東40歳「私は入れるべきだと思うな。今回は、中古マンションについて掘り下げてみましょう」


■中古は新築よりも、なんといっても購入価格が安い!

独身女が家を買う

東40歳「まずは、価格に大きな違いがあるわ」


私「それは、素人の私でも想像がつく~。どれくらい違うの?」


東40歳「SUUMOによると、築5年以内の物件の場合、新築との価格差は200万円~300万円台。築6年~10年以内だと700万円~800万円台なんだそう」


私「そこまで、びっくりするほど安いってわけでもないのね」


東40歳「そうね。築年が新しい中古は、新築価格とはそこまで大きな差はなさそう。買いやすいのは、築11年より古いもの、とのことよ」


私「築11年…なるほど。2006年より前に建てられたものね。意外と最近って感じもするけどね」


東40歳「ちなみに、中古マンションは、新築を買うよりも初期費用がかかるので注意してね。中古は不動産会社に『仲介手数料』を支払うの。金額は、(物件価格×3%+6万円)×1.08(消費税)が一般的よ。2000万円の物件の場合、71万2800円ね」


私「おっと、覚えておかなくちゃ!」


■楽しそう!?中古を買ってリフォームする人が多い

独身女が家を買う

東40歳「中古マンションを買ったら、そのまま住むのではなくて、中身をリフォームする人が多いの。それが中古を買う楽しさだっていう人もいるわ」


私「リフォーム!?そんなことやっていいの?」


東40歳「だって、もう自分の持ち物じゃない。煮るのも焼くのも自由なのよ」


私「そっか!」


東40歳「もちろん、キッチンやバスルームだけ取り換えるのもあり。間取りを全部壊して、生活パターンに合わせて作り直すのも可能なのよ。こだわる人は、デザイナーをつけて、間取りからインテリア、壁の色、照明に至るまで、細部まで自分の好みにする人もいるわ!」


私「へぇー、自分の好きなように家を作るのね。それって楽しそう!古い物件でも、気になる所は直しちゃえばいいんだ!ところで私、キッチンにディスポーザーのある家って憧れてるんだけど……」


東40歳「あの、シンクについてて、生ごみをゴボゴボ処理するやつ?」


私「そう~!あんなキッチンがいいー!新築みたいな新しい物件でないとついてこないと思っていたけど……」


東40歳「中古を買って、ディスポーザー付きキッチンにリフォームできないか考えてもよさそうよね!」


私「きゃ~!考えてみるとすっごい楽しい。自分の城じゃない!」


■古いマンションの耐震基準は大丈夫?

独身女が家を買う

私「ところで中古って、あまり古いものだと、地震のとき倒れないか心配だったりする」


東40歳「そうね。中古なら建物の耐震基準もきちんとチェックしましょう。キーワードは、1981年。それ以降に建てられたものは新しい耐震基準にのっとって、大地震でも建物を倒壊させないことが前提になっています」


私「それより前に建てられたものは危ないってこと?」


東40歳「うーん、そうとも一概には言えないんだけど……ここでは割愛させていただくわ。とにかく耐震基準を満たさないものは、安全面だけでなく、ローンや税金控除の条件にも関わることがあるの。必ず確認するようにしましょう」


私「はい!」


■中古は実際に見に行ける!情報収集がはかどる

独身女が家を買う

東40歳「中古マンションの情報は、新築の情報同様、そこらじゅうにあふれているわ。インターネットなら気軽に閲覧できる時代よ。不動産屋さんに行ってみるのもいいし」


私「そこらへんは、賃貸を探すのと大きく変わらなそうね!」


東40歳「新築と違って、実物の物件を見に行けるのも良いところよね。お部屋はもちろん、マンション共有部分などの雰囲気も見ておきたいわ。住んでいる人の雰囲気や、エントランスやゴミ置き場がキレイかとか……」


私「たしかに。ずっと住むとなると、そういうのも大事。賃貸を探す時よりも、もっともっと細かい所をみていかないとね!」


■自分の優先順位を明確にしよう

独身女が家を買う

東40歳「今日はこんな感じで、ざっくり中古マンションについて説明してみたわ。もちろん、新築にも中古にもそれぞれメリット・デメリットがあるからね。どっちがいい!という話じゃないの」


私「うーむ、悩むわぁ」


東40歳「自分の優先順位を決めていくといいかもね」


私「私の場合、まずは予算。買える範囲の物件で、それから立地もこだわりたいかな」


東40歳「うんうん。そこから条件に合う物件を探していくこと。たどり着いた先が、新築でも中古でも、どちらでも納得できるはずよ!」


◆独身女のマンション格言8

中古マンションの物件情報も積極的にチェックしよう



【バックナンバー】女がひとりで家を買う

・独身女33歳、マンション購入を真剣に考えてみた #1
・20年後の自分を想像してライフプランを立ててみる #2
・60歳を過ぎると、部屋を借りられなくなるって本当? #3
・「住宅ローン」って一体なに?お金を借りる基礎知識 #4
・いくらのマンションなら買える?シミュレーションに挑戦 #5
・ローンの他にも毎月払うお金があるって本当? #6
・フラット35ってなに?35年ローンを想像 #7

  • 東 香名子(恋愛コラムニスト)

    ひとり妊活実践者。独身女性の本音に切り込み、これまで1000本以上のコラムを執筆。

    著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ