自分磨き

知らなかった!掃除で大活躍する意外な女子アイテムとは

年末の大掃除は定番ですが、普段からちょこちょこ掃除を心がけていると、毎日気分がいいし、とつぜん誰かが訪ねてきても、あわてずに済みます。

自分は見慣れてしまって平気だったり、つい後回しにしたりして、いざ訪問してきたお客さんの視線にドキッとする箇所はありませんか?


そんなあなたに、今すぐ試したくなるスッキリ掃除の方法をご紹介します!


大定番!重曹の活用法

掃除でお馴染みの「重曹」。まだ使ったことない人は、ぜひ常備を。100円ショップのもので十分です。


重曹が役に立つのは、「油汚れ・コゲ付き・石鹸カス汚れ」。また、粉のザラザラは、クレンザーよりも傷の心配がなく、研磨剤の役割を果たします。

しかし、重曹が油汚れに効果を発揮するのは、研磨剤が直接の働きではありません。重曹が油分に触れると「鹸化(石けんになること)」が起こります。油が重曹と混じって水となじむため、洗い流すことが可能となるのです。

台所なら、まずガス台など、油でベタベタになっているところに粉を直接振りかけ、水を含ませたスポンジでこすってみてください。汚れがスルリと落ちて気持ちいいですよ。

また、鍋のコゲ付きには、重曹と水を鍋に入れ、一煮立ち。熱が冷めてから洗い流せば、よけいな力も特別なスポンジも、不要です。


台所の次は、お風呂掃除。

泡は立ちませんが、振りかけてすぐにこすっても、浴槽のざらつきを簡単に落としてくれます。

また、洗面器や浴室用のイスのざらつきも、普段は見逃しているポイントではないでしょうか。このざらつきは、ほとんどが石けんカス。浴槽と同様、重曹を振りかけてこすれば簡単に落ちます。

手早く簡単にツルツルになるので、ぜひやってみてください。


重曹のいいところは、洗剤としての能力だけでなく、炭酸ナトリウム・二酸化炭素・水の3つに分解されていくところ。どれも自然界にあるものなので、環境にやさしく、体への悪影響もほぼありません。

口に入る食べ物が触れる台所、体が触れるお風呂場で、化学物質の使用が減るのは嬉しいことだと思いませんか?


注意点

重曹はアルカリ性です。素手で扱うと肌が荒れる場合があるので、できればゴム手袋を着用しましょう。そして、アルミには使えません。黒ずんでしまうので、洗うものの素材を確認して、使うようにしましょう。


実は「酢」でも代用できます、クエン酸

重曹はアルカリ性ですが、クエン酸は酸性のアイテム。これも、100円ショップのもので十分な威力を発揮します。

重曹で落とせるのは石けんカスでしたが、お風呂にはもう一つの難敵、白く固まった「水アカ」が存在します。カランの蛇口やシャワーのヘッド、または、鏡にウロコのような模様を作る白い汚れ。

正確には、水道水に含まれるカルキが石灰化したもので、簡単にいうとカルシウムなのですが、ついているとなんともスッキリしませんよね。

クエン酸は、この白い汚れをきれいに落としてくれます。ただし、すぐには落ちず、クエン酸を浸した布を湿布する、シャワーヘッドはクエン酸を溶かしたお湯に浸した後、ブラシで磨くなど、時間が必要です。

白くなった部分にクエン酸液をかけ、触ってみると(触っても大丈夫です)ヌルヌルするので、「溶けてきた!」と分かります。


また、トイレ掃除では、クエン酸を溶かした液をスプレーして便器、床を拭くことで嫌な匂いを抑え、殺菌にもなります。トイレの嫌な匂いは、アンモニア臭が主。アンモニアはアルカリ性なので、クエン酸の酸性が、匂いを中和してくれるのです。


実はクエン酸は「酢」で代用できます。酢も酸性で、殺菌作用があることが知られていますよね。菌の繁殖を抑え、保存食に利用されるほど。

しかし、掃除に使うとなると、匂いが気になります。食品をトイレ掃除に使うのも抵抗がありますし…クエン酸は無臭・安価なので、安心して使いましょう。


注意点

クエン酸は、塩素系の洗剤と混ぜると有害なガスを発生します。

例をあげると、ハイターなどの漂白剤。自分だけでなく、家族や近所まで巻き込む事故につながりかねませんので、十分注意を払うようにしましょう。また、クエン酸は無臭ですが、味でいうと「すっぱい」ものです。

私はお風呂場でせっせとスプレーしていたら、それだけでむせてしまったので、ぜひ、換気に気をつけて下さい。目に入ってもしみます。


これは…洗剤?魔法の液体、クレンジングオイル

実は、お風呂の水アカ、年季が入ったものは、クエン酸では歯が立ちません。以前クエン酸で掃除しようとしたとき、クエン酸がかかったところは、汚れが中途半端に白く浮き上がり、ダークグレーの床がよけいに汚く見える事態になってしまいました。

そこで役に立ったものが、なんと「クレンジングオイル」!

私自身、メイク落としにはほとんど使ったことがないのですが、今回、掃除のためだけに購入。失敗したら他に使い道がないと思ったので、効果を見込んで、100円ショップのものではなく、きちんとしたものをドラッグストアで。洗剤の10倍ほどの値段でした。

使い方は、水アカの部分にクレンジングオイルを塗りつけ、しばらく放置した後、固めのブラシでこすって水で流します。15分ほど置いたでしょうか。こするときに、多少力は要るものの、落ちました!水で流すと、新品のようなきれいな床に。

カルシウムを分解するメカニズムは分かりませんでしたが、どうも、クレンジングオイルの「界面活性剤」が、効果を発揮したようです。


souji01

白いのが水垢です。


souji02

クレンジングオイルを塗り広げて、15分。


souji03

こすって洗い流すと、スッキリ!


そして、油汚れに効くことが分かった私は、いつか何とかしたかった、ステンレスのケトルを磨いてみることにしました。

毎朝、コーヒーを淹れるためだけにお湯を沸かすものなのですが、ガス台に置きっぱなしのため、細かな油ハネが積み重なり、いつの間にか、ちょっとやそっとでは取れない油汚れがついていたのです。

油汚れに強いなら、と、このケトルにもクレンジングオイルを塗布。しばらく置いた後、固めのタワシでこすると…やはり力は要りましたが、元のピカピカの面が徐々に現れてきました!

実はこの油汚れ、合成洗剤、クレンザー、重曹と試して、全部ダメだったものなのです。

どうしても落ちにくかった箇所は、クレンジングオイルに重曹をプラスしてこすったところ、ほぼ全部の汚れが落ちました!感動です!


souji04

この細かい油はねが…


souji05

ピカピカに!感動でした。


元は顔に直接つけるものなので、危険なことも少ないはず。残念ながら天然素材ではありませんが、コスメではなく「洗剤」として販売してもいいのでは?と思うほどの、洗浄力の高さでした。

本来の用途、しっかりメイクもスルリと落ちるわけですね。


注意点

浴室の床に使うと滑ります。

こするのも力が必要なので、一気に一面をやろうとせず、前半、後半と面積を分けるといいです。

また、メイク落としに使う時も、乾いた肌につけますよね。油汚れ、水垢につけるときも、乾いたところにつけるようにしてください。


いかがでしたか?

無理だとあきらめていた汚れが簡単に落ちると、快感です。高い洗剤を見比べたり、プロに頼んだりする前に、身近なものをぜひ試してみてください。

重曹、クエン酸、クレンジングオイルともに、値段が比較的安く、使い方・使い道がたくさんあり、汎用性が高いので、無駄なく使うことができます。

気がつけば必需品になり、家中がピカピカになっているかもしれませんよ。


最後にひとつだけ注意を。

クエン酸、重曹は、ものによって「食用」と、そうではないものに分かれます。食用でないものは口にしないように、表示を確認して、くれぐれも気をつけて下さいね。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ