自分磨き

夏の入浴は美容効果抜群!暑くてもお風呂に入ろう

汗をかく夏、お風呂のとき、お湯につからずにシャワーだけで済ませていませんか?しかし一日の疲れを取るには、お湯に浸かった方が断然効果的!女子なら夏でもお風呂に浸かるべき。お風呂に入ることで得られるメリットはこんなにあるんです。 


冷え、むくみ…夏の困った症状、ありませんか?

お風呂

体を積極的に温めようとする冬と違い、夏はどうにかして暑さをやり過ごそうと、私たちの生活は、体を冷やすことになりがち。冷たいものを口にしたり、エアコンの効いた室内にこもったり…。

しかし、このような生活をしていて、さらに夜か朝にシャワー浴だけで済ませてしまうと、体の中は冷えたまま。エアコンに頼りきりで汗もかかないと、体の中の水分がそのままになり、体や顔のむくみにつながっていきます。

また、体が汗とともに熱を放出できず、寝るときになっていきなり体がほてることも。特に足元のほてりは寝苦しさにつながります。さらに、体が冷えたままだと血流も悪く、肩のこりなども改善できません。


このような症状は、お風呂に浸かって体を温め、汗をかけば解決します!


夏も入浴で身体スッキリ

お風呂

入浴すると血管が拡張して血流がよくなり、体が温まります。血流がよくなると、肩こりや腰痛が軽減。また、汗が出て、体の余分な水分が疲労物質とともに排出されます。

お腹もあたたまるので、内臓の動きも活発化。排尿など、体からの水分の出はさらによくなります。冷たいものばかり摂りがちな夏には、これだけでも体が軽くなる嬉しい効果。

さらに、入浴で体温を上げると「深部温度」が下がることにつながり、この効果が睡眠にもよい影響を与えます。

「深部温度」とは、実際には「脳の温度」を指します。体が温まることは副交感神経が活発になることとイコールなのですが、この神経が働くと、脳がリラックスし、深部温度が下がるのです。

これは、脳が深く眠る「ノンレム睡眠」と呼ばれる状態で、お風呂の後、ベッドに入ってこの状態が訪れると、人は「ぐっすり眠れた」と実感できるのです。お湯に浸かり、体を温めることは、体だけでなく脳にも影響を与えます。

深い睡眠が得られれば疲れやむくみも改善、朝も爽やかな目覚め。全身によい影響を与えることになるのです。


効果的なお風呂の入り方

お風呂

入浴の効果を高めるために、お風呂に入る前は、コップ一杯の水を飲みましょう。

熱中症がさかんに注意喚起されているので、水分補給はバッチリ、という人も多いでしょう。しかし屋外では汗をかき、エアコンの効いた室内は乾燥ぎみ。一日の終わりは、体の中が思ったよりも乾いています。お風呂でさらに汗をかくことを考えると、お水を飲んでおくのがベスト。

お風呂のお湯の温度は熱すぎると副交感神経ではなく、脳を活発にする交感神経がはたらいてしまいますので38度から40度くらいに設定します。汗が出て体がほぐれるように、ゆっくりと浸かりましょう。

入浴時間は、10分から15分くらいがベスト。できれば、脳をリラックスさせるために本やスマホは持ち込まず、手脚や肩をマッサージしたり、簡単なストレッチをしたりしましょう。

足の裏を押してみたり、足の指を動かしたりすると、水圧もあり、血流がさらによくなります。


さらにリラックスするためには、アロマオイルがおすすめ。

ラベンダーなど定番の香りもいいですが、基本的には好きな香りならなんでもOK。ただしアロマオイルは肌に直接触れていいものと、よくないものがあるので注意しましょう。オイルは浴槽のお湯に直接垂らすほか、洗い場の床に振りまく方法もあります。洗い場の床であれば、オイルが肌にほとんど直に触れず、浴室全体に素早く香りが広がります。流れてしまえば香りが消えやすいので、次に入る人がいても影響があまりなく、また、浴槽の残り湯を心配なく洗濯に再利用できるのでおすすめ。

湯船の中で好きな匂いを吸い込みながら、ぼーっとしていれば自然とストレスも消えていくはず。


お風呂上がりもぬかりなく!

お風呂

お風呂から上がったら、再び水分補給をするのを忘れずに。

入浴中とお風呂上がりの汗は分かりやすいですが、夜、眠っている間も、特にエアコンをつけっぱなしでいると、体の水分はどんどん失われていきます。朝起きたとき、頭が痛い、という人は要注意。寝ている間に、軽い脱水状態になっている可能性があります。

お風呂上がりは冷たい水をぐっといきたいところですが、そうすると、せっかくあたたまった体がまた冷えてしまいます。できれば、常温の水を飲みましょう。せめて氷水ではなく、冷蔵庫でひんやりさせた程度がいいですね。お風呂に入る前に、コップに水を入れて冷蔵庫に入れておくとカルキも抜け、おいしく飲むことができます。

お風呂上がりにちょっとだけ…と、お酒を飲みたい人も、まずは水を。いきなりアルコールを入れるよりも、ずっと体にやさしいですよ。アルコールの飲み過ぎは熟睡にも悪影響なので、くれぐれも控えめに。


疲れが抜けずに溜まってしまうと、暑い季節が終わっても、なかなか回復しません。夏ならではのイベントもたくさんですが、一日の終わりにはお風呂に浸かって疲れを残さず、次の日も元気いっぱい過ごしましょう!


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ