自分磨き

きれいな肌とメリハリボディーが手に入る!「タンパク質」のスゴイ力

メリハリボディ

誰もが憧れる「きれいな肌」「メリハリボディー」。スキンケアやエステなど外からのケアだけでは限界を感じている方も多いのではないでしょうか。そこで重要となるのが内側からのケア。体の内からきれいになることが、美への近道です。体内がボロボロな人はきれいから遠ざかるいっぽう。これを機に自分の体の内側と向き合ってみましょう。

今回はビタミンと同様に美に直結する栄養素である「タンパク質」の驚くべき効果を紹介していきます。


「タンパク質=筋肉の元」というイメージが強いかもしれませんが、筋肉、皮膚、髪、爪などはすべてタンパク質からできており、その他全身のいたるところに存在する物質です。

食べるタンパク質には乳や肉、魚、卵といった「動物性タンパク質」と大豆などの「植物性タンパク質」の2種類に分けられます。タンパク質は英語名で「Protein(プロテイン)」、ギリシャ語で「もっとも重要なもの」という意味の「Proteios」に由来する言ことからも、重要な栄養素だということがわかるかと思います。


コラーゲンはタンパク質の一種

コラーゲン

美容効果が高い栄養素といえば、みなさんもよくご存じの「コラーゲン」。お肌をみずみずしく保ち、ハリを与え、肌トラブルを起こしにくくする効果があります。「老化はコラーゲンの衰えから」というように、年齢を重ねた分だけ多く摂取していくことが若さを保つ秘訣です。

コラーゲンを摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。現在日本では、粉末、錠剤、飲料などのサプリからコラーゲンそのものを摂るのが主流ですが、摂取したコラーゲンは一度分解されてしまうので、残念ながら体には吸収されないのです。

ではどうやってコラーゲンを摂ればいいの?いえいえ、摂らずとも、コラーゲンは体内で作ることができるのです。そして、その材料となるのがずばりタンパク質!

ここでポイントなのが「タンパク質」と「ビタミンC」をセットでとること。コラーゲンはすぐに体から流失してしまうのが最大の難点。少しでも長くコラーゲンを保持したりや生成したりをするためにはビタミンCが欠かせません。「タンパク質+ビタミンC=コラーゲン」と覚えておくといいですね。


メリハリボディーの鍵は「タンパク質」にあり!

タンパク質

ただ体重を落とすだけのダイエットはもう時代遅れ。タンパク質をダイエットにうまく取り入れると、体重をベストな状態に保ちつつ、メリハリのあるボディーが実現します。食べないダイエットは、必ずと言っていいほどリバウンドしてしまいますが、タンパク質をしっかりと摂れば、リバウンドの心配もなくなります。タンパク質はダイエットの神様ともいえる栄養素なんです。

食べたものをエネルギーに変える働きを「代謝」と呼びますが、その代謝が高いほど太りにくくなります。代謝の働きを担っているのが筋肉。その筋肉のもとになるのが、もうみなさんご存知のタンパク質。

ダイエットの基本は「余分な脂肪の燃焼」です。ところが「食べないダイエット」など誤った方法を実践すると、水分や筋肉が減ることで、体重も落ちるものの、肝心の脂肪が燃えていない。なんてこともあります。

同じような身長体重でもボディーラインに違いがあるのは、もしかしたら「筋肉量の違い」かもしれません。ダイエットをする上で一番心配なのが、筋肉量が減り、胸が小さくなったり、おしりが垂れたり…と、必要なところまで痩せていくこと。筋肉は体を引き締めてくれるので、たとえばおしりならヒップアップ効果が期待できます。

体内の水分や血液循環、食欲を調整する機能もタンパク質が担っているので、タンパク質を摂取することで「むくみ」や「食べすぎ」も防げます!

一説には「人間の食欲は、体が必要とするタンパク質量を満たすまで続く」といわれています。タンパク質が不足すると、脂質や糖質を多くとりがちになることもあるそう。とくに今の若い女性は、カロリーの高い肉類や乳製品を敬遠する傾向にあるため、タンパク質量が足りていないのは事実。

では、ダイエットに適したタンパク質のとり方というのはどのようなものなのでしょうか。


ダイエットに効果的なタンパク質の摂取方法とは?

プロテイン

 1日に必要なタンパク質は、体重1㎏あたり1gです。ということは50㎏の人は50g必要ということになります。食べ物換算すると「卵8個」「サーロインステーキ515g」「納豆7パック」。卵8個食べればコレステロールの摂りすぎになり、ステーキ515g食べれば脂質の摂りすぎで、ダイエットには不向きです。

おすすめなのは大豆製品。納豆や豆腐などで良質なタンパク質を摂取できます。ただ納豆7パックを毎日食べるのは、なかなか難しいですよね。

そこで登場するのが「プロテイン」。効率的にタンパク質を摂取でき、ダイエット中に不足しがちなビタミンや鉄分などのミネラルも一緒に摂れる優れものです。ダイエットを目的したプロテインの商品は数多くあり、薬局やネットで簡単に手に入ります。

ここで注意なのが、一度に多くのタンパク質を取らないこと!というのも、1回あたり体が吸収できるタンパク質量は約15g~30gと決まっているからです。何回かに分けて摂取するのが望ましいですね。

タンパク質を摂る一番のタイミングは「朝」。摂取することにより1日の代謝がアップし、朝から脂肪燃焼が始まります。また、食事の少し前にプロテインを摂ることで、食欲が抑えられたり、糖の吸収が穏やかになったりとさまざまな効果も期待できます。大豆などのタンパク質とプロテインを併用すれば、1日に必要なタンパク質が十分に摂取できますよ。ぜひお試し下さい。


タンパク質不足になると、肌荒れや髪のパサつき爪が弱くなるといった日々の悩みから、免疫力の低下や貧血、月経不順にまでつながります。「美容=健康」というように、タンパク質を積極に摂取していけば、きれいな肌、メリハリボディー、さらには健康な体まで手に入るのです。夏バテにも効果がありますので、今がベストタイミング!タンパク質を上手に活用して、ダイエットと健康を両立させていきましょう!



▼美容の関連記事

スラッとしたキレイな曲線美に!二の腕トレーニング【自宅でもできる】

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡

むくみよさらば!鍋にいれたいおすすめ食材 ※栄養士監修

ご飯を食べても大丈夫!ストレスの少ない『プチ糖質制限ダイエット』※栄養士監修

これならお酒も怖くない!ダイエット中のお酒の飲み方

【ダイエット中の食べ方】白い食べ物は太りやすいといわれる理由

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ