自分磨き

印象大幅ダウン!人前では避けたい「NGしぐさ」3つ

スマイル

あなたはついやってしまうクセやしぐさはありませんか。もしかしたらそのしぐさ、一緒にいる人を不快にさせているかもしれません。

今回は人と話しているときにやるべきでない「NGしぐさ」を3つ、ご紹介します。


何か嫌な感じ!?相手が不快になるしぐさ3つ

不快になるしぐさ

(1)腕組み

真剣に話を聞いたり、深刻な相談をされたりしたとき、ついしてしまう腕組み。基本的には相手を拒否しているしぐさだと言われています。腕を組むことで自分を守り、相手の意見をシャットダウンしているんだそう。確かに腕組みしている人は偉そう・怖そうに見えてしまいますよね。気づいたときだけでも腕をほどくことで、相手は安心して話を進められるはず。


(2)咳払い

相手が話しているときに咳払いをするのは話をさえぎっているのと同じ。大半の人が不快に感じます。もし体調が悪く咳をしそうなら、事前にひとこと断っておくのがマナー。

また、自分が話しているときに咳払いする人もいます。咳払いで場を持たせたり、次に話すことを考えたりしていることが多いようですが、これもけっこう耳ざわり。クセになっている人はなるべくやめましょう。咳払いしないかわりに多少沈黙しても、意外と周りは気にしません。


(3)手元のものを触る

手持ち無沙汰でつい手元のスマホをのぞいたり、ペンを手に取ってみたり、髪を触ったり…何の気なくやっていることでも、見ている方は「退屈しているのかな?」「イライラしているのかな?」と感じます。膝に置くなどして自分で手の定位置を決め、ちょこちょこ動かさないようにしましょう。


いかがでしょうか?ぜひ自身の普段の行動を振り返って改善し、NGしぐさをゼロにしていきましょう!



▼コミュニケーションに関する人気記事▼

もしかしてバカにされてる?女友達から「下に見られてる」と思ったら

【心理テスト】あなたのコミュニケーション上手度が分かります

女性特有の「グループ行動」がニガテ…どうやって回避すれば良い?

「謙遜」しているのに嫌われてしまう、たったひとつの理由

「話題が続かなくて気まずい…」人見知りを克服するためのトーク術

しつこい詮索をシャットアウトできる、たったひとつの方法とは

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ