仕事中にスマホ使用、ほんとはアリ?ナシ?

  • 更新日:2019/06/17

毎日の生活に欠かせないスマホやケータイ電話。仕事中もつい気になってしまいますよね。しかし、やりすぎるとそれはマナー違反。仕事中にスマホやケータイチェックがどこまでOKなのか、今一度おさらいしておきましょう。


ここはダメ!スマホ使用NGシーン

お仕事の内容によりますが、基本的に「誰かと一緒にいる」状況でスマホを触るのは好まれません。その場にいる人よりスマホを優先しているように見えてしまいます。できる限り触らないようにしましょう。

ふだんからよくチェックする人だと、テーブルの上など目につくところにスマホを置いておくことが多いですが、これも打ち合わせや会議の場ではなるべく避けるべき。電話やメールなどの通知が来るとどうしても気になります。目につかないところにしまっておきましょう。

またスマホは「音」にも気をつけて。着信音を鳴らすのはもちろん、バイブ音も意外と響きます。あまりに通知が多いのであれば、着信音・バイブともにオフにしておくのもひとつの手。


スマホ使用がOKなパターンとは?

職場でスマホやケータイ使用が制限される大きな理由は「仕事に支障をきたすから」です。当然、ゲームやSNSチェックなど、仕事とまったく関係ないことをするのはNG。ただ、仕事の電話を受けたり、必要な調べものをしたりするのはそれほど咎められないはず。

スマホで行うことのうち、仕事に含まれるものとそれ以外を切り分け、仕事中は仕事に関することのみ行うようにすれば、スマホ使用で周囲に迷惑をかけることはないはず。絶対に使用禁止!と考えるとあまりにきゅうくつなので、柔軟に対応していくのがベストです。ぜひ一度、自分に合った仕事中のスマホの使い方を探ってみてくださいね。



▼コミュニケーションの関連記事

ついしゃべって信用ゼロ!口が軽いのって直せる?

ホメたり叱ったりするときのコツ「60秒ルール」って何?

「言うことが毎回コロコロ変わる」上司や取引先とのコミュニケーション法

「謙遜」しているのに嫌われてしまう、たったひとつの理由

悪い人じゃないけど…実は陰で嫌われている人3パターン

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag