女性の平均給与が過去最高額に!あなたのお給料は上がってる?

  • 更新日:2016/04/29

今年はじめ、女性の平均給与が過去最高額になったニュースが話題になりました。自分以外の女性がいくらもらっているのか…正直気になりますよね。今の女性の平均給与っていったいどれぐらいなのでしょうか?


女性の月給の平均は…〇〇万円!

今回のニュースは、厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」からのもの。気になる金額は、フルタイムで働く女性で平均24万円。これで過去最高額です。ちなみに男性の平均は32万円。女性の給与は男性の7割程度ですが、男女間の格差も今までで最も縮まっているそうです。

あなたの給料と比べていかがでしょう?思ったより多いな、と感じる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

実はこの24万円という数字、正社員もそうでない人も混ざった数字です。分けて見てみると、正社員の女性の平均は25万円、正社員以外の女性の平均は17万円。8万円もの差があります。

女性は結婚や出産などで働き方を変化せざるを得ないこともあります。パート・アルバイトなど、今回の調査対象である「フルタイムで働く」に含まれない人もたくさんいますよね。そう考えると、月給24万円もらっている女性って実は少ないのかもしれません。


あなたの働く業種は高い?安い?

また、働いている業種によっても給料はかなり異なります。今回の調査によると、女性が最も高い賃金をもらっているのは「情報通信業」で31万円。最も低いのが「宿泊・飲食サービス業」で19万円です。かなり違いますね。

今回、平均賃金が過去最高額になった理由として「女性の勤続年数が長くなった」「女性の管理職が増えた」ことが挙げられました。バリバリ働く女性が増えたということです。

この世の中の状況に合わせてあなた自身もキャリアウーマンを目指すか、そうでない道を選ぶか…この機会にキャリアプランを練り直すのもいいかもしれません。


この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag