自分磨き

悪い人じゃないけど…実は陰で嫌われている人3パターン

実は嫌われている人

あなたの周りに「悪い人じゃないけど好きじゃない」と思う人はいませんか?

特別悪いところは見当たらないけど、陰では疎ましく思われている人って実はけっこういるもの。今回は、そんな「実は嫌われている人」の特徴をいくつかご紹介します。


陰で嫌われている人の特徴3つ

嫌われている人の特徴

(1)自分のことばかり話す人

自分の話をするのは相手に心を開いていることにもなり、距離を縮めるきっかけにもなります。といっても、だらだらと自分のことばかり話すのはNG。相手から聞かれてもいない自分のことを延々語ったり、他の人の話から自分の話に強引に結びつけたりする態度は「自己中心的」として嫌われてしまいますよ。

気づくと自分ばかり話している、という人は要注意!?


(2)ネガティブ思考の人

ネガティブ思考の人は、人と話していてもついマイナスなことばかり口にしたり、自信が持てないゆえに卑屈な態度を取ったりしてしまいがち。オトナな相手であればある程度は合わせてくれるでしょうが、それでもやはりネガティブ思考な人と一緒にいるのは疲れますし、敬遠されます。自分がネガティブ思考である自覚がある人は、自分の態度や発言で周囲を暗くさせないよう気をつけましょう。


(3)相手に全て任せてしまう人

何かを決めるときすぐに「何でもいい」と言ったり、誰かが話題を振るまで話そうとしなかったり…一見、控えめな態度に見えますが、実は相手に全てを委ねることでかえって気を遣わせてしまっているタイプです。必要なときは自分から話したり意見を伝えたりすることも大事。相手のアクションを待つばかりの態度はやめましょう。


意外と当てはまっている人も多いのでは?

ぜひこの機会に自分の言動を振り返ってみてくださいね。



▼コミュニケーションの関連記事

ついしゃべって信用ゼロ!口が軽いのって直せる?

ホメたり叱ったりするときのコツ「60秒ルール」って何?

「言うことが毎回コロコロ変わる」上司や取引先とのコミュニケーション法

「謙遜」しているのに嫌われてしまう、たったひとつの理由

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ