自分磨き

ホメたり叱ったりするときのコツ「60秒ルール」って何?

60秒ルール

今回は人をホメたり叱ったりするときに使えるテクニック「60秒ルール」をご紹介します。


60秒ルールってどんなもの?

60秒ルール

たとえば仕事で、後輩が良い電話対応をしてくれてホメたいとき。あなたはどのタイミングでホメますか?電話を終えた瞬間でしょうか。それとも、とりあえず仕事が落ち着いてからでしょうか。

実は、この場合、電話を終えて「すぐ」ホメるのが最も効果的なんです。

人は、自分の言動を直後60秒以内に評価されることで、その行動が強化・あるいは弱化しやすくなると言われています。これが60秒ルールの根拠。「強化」は、ホメるなどプラスの評価を受け、その後も同じ行動をする傾向が強まります。「弱化」は叱るなどマイナスの評価を受け、今後同じ行動を繰り返しにくくなります。

仕事の指導で「そういうところは続けてほしい」と思ったらすぐにホメて、逆に「今後はやってほしくない」と思うことをされたらすぐに叱りましょう。60秒以内、と言われていますが、実際は早ければ早いほど効果は高まるようです。


感情的になりすぎないよう注意!

コミュニケーション

「すぐ伝える」ことはとても効果的。しかしその分、気をつけたいこともあります。特に叱るときは、感情的にならないよう注意したいところ。失敗した直後に感情的に叱ってしまうと、相手はその後も失敗を恐れるあまり、言われたことだけでなく、自主的な行動そのものができなくなってしまうことも…。感情的に伝えてしまうと自覚している人は、すぐ叱ることがあるなら声のトーンや言葉づかいに気をつけて。それでも叱りすぎてしまうなら、あえて60秒ルールを取り入れず、落ち着いてから伝えるのも手です。

現在、後輩の指導をしている人、また部下を持っている人は、相手の成長のため、そして自分の先輩・上司としてのスキルを磨くためにも、ぜひ60秒ルールを取り入れて活用してくださいね。



▼コミュニケーションの関連記事▼

感情表現が苦手な人必見!上手に感情を伝えられる「習慣」とは?
自分を見直したい人にオススメ、休日の「コミュニケーション断食」
【心理テスト】あなたのコミュニケーション上手度が分かります
「話題が続かなくて気まずい…」人見知りを克服するためのトーク術

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ