食費の節約!ランチは500円以内に抑える!

  • 更新日:2015/10/30
お金,節約,ランチ

あなたは普段、ランチにどれぐらいお金を使っていますか?毎回数百円程度でも、月額にするとまとまった額の出費になっていることも多いランチ代。どうすれば節約できるのでしょうか。


ランチにいくら使うべき?

そもそもランチ代はどれぐらいの額に収めるのが理想なのでしょうか?

まずは月々の収入と食費のバランスも考える必要があります。食費は、月収手取り額の15%程度がめやす。たとえば手取りで20万円もらっているなら、食費の目安は3万円、18万円なら2万7000円ぐらいです。多くの場合、夕食の方が値段が高く、また朝ごはんも食べるのであれば、ランチ代は食費の3分の1以下に抑えられるとベスト。先ほどの月収20万円の例だと、1万円がランチ予算ですね。

月20日働き、仕事の合間にランチをとる、という平均的な会社員のサイクルで考えるなら、職場でのランチ代は1回500円以下におさえなければなりません。

ちなみに、とある調査によると、サラリーマンの平均ランチ代は600円台。原材料高騰や増税の影響で、特に外食中心だと食費は増加傾向にあるようです。


ランチを節約する方法は?

月収が高い人はべつですが、そうでなければやはりランチ代は節約したいところ。毎回外食だと、なかなか理想の食費には収まりません。

職場環境にもよりますが、やはりいちばんの節約はお弁当を持参すること。夕食の残り物を詰めるなど工夫すれば、500円以内に収めるのもさほど難しくはありません。毎回すべてお弁当は大変…という人は、週に1度お弁当にしてみる、あるいはごはんだけ・おかずだけなど一部のみ持参するという方法も。これだけでも十分節約になりますよ。「ちょっと食費使いすぎかな…」と思っている方は、ぜひ一部お弁当に代える方法からでも節約を心がけてみましょう!


■■関連記事■■

これなら続けられる!いちばんカンタンな家計簿とは

実は今から年末年始の予定を立てるとオトク!!

「マイナンバー」制度で生活って変わるの?

断捨離はお金がかかる!上手に捨てるための方法とは

こんなに違うの?夫世代の年収、理想と現実

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag