法律が変わった「自転車」の乗り方、あなたも違反してる?

  • 更新日:2015/10/01
マナー,自転車,法律

今年の6月から、自転車の運転に関する法律が改正されました。「法律が変わった」こと自体は知っていても、その具体的な内容を理解し、きちんとルールが守れているかについては自信がない、という人も多いのではないでしょうか。ぜひ今一度、内容をチェックしておきましょう。


スマホ利用も×!違反するとどうなるの?

法律改正の主な内容は、自転車運転に関する14の「危険行為」が定められ、かつこれに対する取り締まりが強化されたこと。程度は違うものの、自転車についてもクルマの運転の違反と同じような扱いになりました。危険行為で3年以内に2回以上捕まった場合は5700円を支払い、3時間の講習を受講しなければなりません。講習受講の命令を無視した場合は5万円以下の罰金。違反によって時間もお金も取られてしまうので、十分注意したいところです。

その14の「危険行為」のうち、今回特に注目されているのが「安全運転義務違反」です。たとえば傘を差しながらの運転やスマホを使いながらの運転、イヤホンで音楽を聴きながらの運転などはすべてこの項目に当てはまります。以前は見逃されていたことが多く、また自転車だからと意識が甘くなりがちな部分。今は法律違反になっていることを意識して、しっかり気をつけましょう。


他にも危険行為はたくさん

他にも危険行為には「信号無視」や「酒酔い運転」など基本的なことから「ブレーキ不良自転車」などの整備面に関することもあります。また歩道では車道寄りに走る「歩道通行時の交通法違反」、歩道通行時にはスピードを落として歩行者に配慮する「歩行者専用帯での徐行違反」といった、歩行者の安全を優先するルールも挙げられています。14の危険行為の項目はネットでもチェックできます。ふだんから自転車を運転する人は、ぜひ一度は全てに目を通して覚えておきましょう!


■■関連記事■■

カンペキにマナーを守って目指せ「おごられ美人」!

意外と見られてる!あなたが直すべき「食べ方」のクセ

真夏のメイク、この2パーツだけは死守したい!

やっちゃうとブーイング!守りたい海・プールでのマナー

この時間でもダメ!?メールや電話をしてはいけない時間帯を知ろう

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag