自分磨き

いちばんモメる!「言った言わない」の争いを最速で解決する

コミュニケーション,職場

どんな職場でも起こるトラブルの代表格が「言った言わない」の争い。言った側も言わなかった側も自分が正しいと思っているがゆえ、なかなか解決しないことも多いトラブルです。もしあなたがこのやっかいな問題の当事者になってしまったら、どのように対応しますか?


基本は「言った」側の責任

言った言わないの話になったときの最速の解決法は「言った」と思った側がその証拠を差し出すことです。メールの文面や録音などがあり、そこに「言った」記録があれば、一発で正しい方が分かります。

たとえば自分が「言った」と思っている側なら、その証拠を相手に見せればいいですし、逆に相手が「言った」と主張しているならば「どの時点でどのように伝えてもらったか教えてください」と言って証拠を出してもらいましょう。「言わなかった」ことを証明するのはほぼ不可能なので、基本的に「言った」側が責任を持つのが基本です。


こじれそうならまずは謝罪!

しかし口約束などで済ませていた場合などは、どちらも何も証明できません。本来ならば「ビジネスの場で口約束は効力がない」ことをお互いが認めて引くのが正しい対応ですが、相手が目上の人、お客さん、取引先などであればなかなかそれはできません。

こんな場合は、あなたが言った・言わないどちらであれ、まず「きちんと確認せずに話を進めてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪してしまいましょう。証明できない以上、もうどちらが正しいかは分からないのですから、そこは切り替えて相手の感情を損ねないようにし、今後の対応について前向きに話すのがベストです。


まずは常に記録する習慣をつけて予防、いざとなったらきちんと証拠を出す。これが言った言わないのトラブルを長引かせず、すっきり解決させるコツ!ぜひ日々の業務でも意識して仕事するよう心がけてくださいね。


■■関連記事■■

美容院やネイルサロンで気まずいときに使える話題って?

友達を増やそう!人脈を広げるひとつのコツとは

感情表現がニガテな人必見!上手に感情を伝えられる「習慣」とは

人目ばかりを気にしてしまう「アザコン」になってない?

あなたは「かわいい後輩」?先輩に気に入られるための3つの方法

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ