自分磨き

この時間でもダメ!?メールや電話をしてはいけない時間帯を知ろう

時間,マナー,電話,メール

仕事のメールや電話、何時までなら大丈夫なんだろう…と疑問に思ったことはありませんか?仕事だけでなく、プライベートのメールや電話も時間帯によっては迷惑をかけてしまうことがあります。メールや電話で連絡を取って大丈夫な時間帯っていつなのでしょうか?


電話はどの時間帯にするべき?

まずは電話です。電話は後で読めるメールと違い、かけたその時間を相手から奪ってしまいます。ですので、早朝や夜中のほか、相手があきらかに忙しい時間帯は避けると良いでしょう。

一般的な社会人のケースだと、会社の就業時間内に電話するのを基本として、始業直後・昼休みの12時〜13時ごろ・終業時間直前あたりは電話しないのがベター。もしどうしても電話しなければならないのなら「お忙しいところ失礼します」と一言添えるなど、気遣いを忘れずに。

相手が忙しい人であれば、事前にメールで時間帯を提示し、電話しても良いかどうか確認をとっておくのも手。すれ違いを防げます。


メールしてはいけない時間帯って?

次にメール。メールは相手側が見たり返信したりする時間をコントロールできるため、電話ほど時間帯を気にする必要はありません。しかしかといって、ビジネスメールを真夜中や早朝に送ってしまうのは考えもの。スマホにメールを転送する設定にしていて、夜中にメールで起こされてしまう、なんてこともあります。

「夜中」「早朝」の定義は人によってさまざまですが、一般的に「夜23時〜朝6時」ぐらいの間は連絡を控える時間帯と考えて良いでしょう。

但し、返信に関してはなるべく早いのが一番。夜中に返信が必要なメールが来て、あなたが返せる状況なら、そこは時間帯関係なくすぐ返信してしまってOKです。


いかがでしょうか?連絡する時間帯で迷ったときは、ぜひ参考にしてくださいね。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ