自分磨き

他人の目ばかり気になるあなたが、自分らしさを上手に出す方法とは

自分らしさ

あなたは「自分らしく」生きていますか?つい人の意見に合わせてしまったり、他人の目を気にして自分の行動を決めてしまったりしていないでしょうか。苦にならなければ問題ないのですが、それらの状態が苦しい、負担に感じているのであれば、ぜひ少しずつでも「自分らしさ」を取り戻せるよう、行動を起こしていきましょう。


自分らしい=嫌われるではない!

一人の少女

自分らしさを出せない人は、自分より他人を優先し、とにかく人に気を遣ってしまいます。もちろん、大人になれば仕事上の付き合いなど、どうしても自分を出せない場面もありますし、そんな時は社会人の常識として、自分を後回しにするのは正しい姿勢でしょう。しかし、友人同士などプライベートの付き合いでも同じような振る舞いをしているのならば、ちょっと考える必要があります。

自分を押し殺して友達の前でも「良い人」を演じてしまう人は、裏に「嫌われたくない」という気持ちが潜んでいることが多いようです。周囲と反対の意見を言ったり、自分の欲求を押し通したりするのを悪いことだと考えてしまっていると、なかなか自分らしさを出すことができませんよね。


少しずつ自分らしさを取り戻そう

楽しい思い出

ですから、まずは「自分らしさを出す=悪いこと」という思い込みを捨てましょう。相手の意見もきちんと取り入れる姿勢を見せれば、自分の欲求や意見を伝えることは悪いことではありません。むしろ対等な関係を築くために必要なことです。

なかなか意見を言い慣れていないと、毎回主張するのは難しいです。少しずつでかまいません。今回は意見を言う・言わない、と決めていくのもあなたらしさの一つ。どうしても譲れない場面でしっかり主張できれば、それで大丈夫です。親しい友達であれば、あなたの新たな一面を受け入れてくれるはず。少し勇気を出して、伝えていきましょう。きっと今よりラクになれますよ。



▼コミュニケーションの関連記事

ついしゃべって信用ゼロ!口が軽いのって直せる?

ホメたり叱ったりするときのコツ「60秒ルール」って何?

「言うことが毎回コロコロ変わる」上司や取引先とのコミュニケーション法

「謙遜」しているのに嫌われてしまう、たったひとつの理由

悪い人じゃないけど…実は陰で嫌われている人3パターン

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ