新年度!職場などで「新人」を迎えるときに気をつけたいコミュニケーション

  • 更新日:2015/04/07

新人 迎える準備

とうとう4月。職場でも新人が増える時期です。新人との接し方が分からず戸惑ってしまったり、ついイライラしてしまったりしていませんか?今回は職場などで新人を迎えるときに気をつけたいこと、心がけたいことをご紹介します。

 

新人を迎えるときのコミュニケーションのコツ 3つ

(1)相手が話すきっかけを与える

誰でも、新人のころは緊張し、遠慮するもの。何か言いたいことがあっても、自分からはなかなか発信できません。なるべく先輩の方からこまめに「今の説明、分かった?」「何か質問ありますか?」と聞いてあげましょう。最初は毎回確認するのが面倒かもしれませんが、疑問や質問をすぐ洗い出し、その都度解消することで、大きなミスも防げます。

 

(2)「知らない」ことにイライラしない

新人は仕事・職場のルールについてはほとんど無知。知らないがゆえの失敗や違反も当然あります。しかしそこで「どうして分からないの!」と怒ってしまうのは×。新人はただ知らないだけで、悪意があったわけではありません。いきなり怒られると萎縮してしまい、自ら行動を起こすことを恐れるようになってしまいます。

最初のうちはミスしても「大丈夫だよ」とフォローし、基本的な知識を落ち着いて教えてあげましょう。

 

(3)比べない

新人は仕事にも不慣れで、知らないことだらけ。ストレスが多い状態です。そこで「同じ新人の〇〇さんはできるのにどうしてあなたはできないの?」などと言ってしまうのはNG。さらにストレスに拍車をかけ、やる気を奪ってしまいます。今後活躍してもらいたいからこそ、誰かと比べるのではなく、その人自身の能力やがんばりを評価したいところです。「社会人として認めてもらった」と自覚すれば、新人も一気に成長しますよ。

 

いかがですか?新人を迎える皆さん、ぜひ参考にしてくださいね!

 

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag