職場

一度チェックしてみて!職場で嫌われる「クセ」を直そう

  • 更新日:2019/03/16

あなたにはついついやってしまう「クセ」はないでしょうか?自分では気づいていなくても、あなたのクセが周囲の人を不快にさせているかもしれません。今回は、職場で特に嫌われやすい「クセ」をご紹介。あなたもやっていないか、ぜひチェックしてみてください。


音を立てるクセは嫌われる!

職場で嫌われるクセは、なんといっても「音を立てる」系。キーボードを強く叩く、時計などのアクセサリーがぶつかってガチャガチャする、ヒールの足音など、大きな音でなくても耳障りに感じる人は多いです。また、指を鳴らす、独り言、ため息、舌打ちなどもかなり不評。これらは無意識のうちに出してしまいがちなクセなので、自覚のある人は頑張って直しましょう。

さらに、テンションが上がると一気に声が大きくなる、電話で声が急に高くなる人も注意。特に女性は声が大きい・高くなるとキンキン響くことが多く、迷惑になりがちです。

また、自由度の高い職種だとイヤホンをしながら仕事をする人もいますが、音漏れが周囲に聞こえてしまったり、名前を呼んでも反応しないなども周囲を不快にさせる行為です。


悪目立ちする行動はしない!

「耳障り」の次に嫌がられるのが「目障り」。たとえばペン回し、他の人が見ているパソコンやケータイをのぞいてくるなど、音は立てなくてもヘンに目立つ行動は不快度が高いようです。特に不機嫌な態度は最悪。イライラして頭をかきむしる、貧乏ゆすりをするなどは大人げないだけでなく、女性らしさをぐんと下げてしまうことになります。これらのクセは即やめたいところですね。


「自分もやってる…?」と思ったら

職場

自分のクセはなかなか気づきにくいもの。もし「自分も何かしているのでは…?」と不安なら、思い切って仲の良い同僚や家族など、よく一緒にいる人にズバリ聞いてみるのも手。自覚さえすれば、直そうと意識することで必ず直せます。

また、自覚がある人は「これぐらい大丈夫だろう」と自分基準だけで判断しないようにしましょう。

自分のためにも、また周囲も気持ちよく仕事をするためにも、ぜひ自分のクセ、見直してみてくださいね。


▼コミュニケーションの関連記事

・ココが違う!許せる八方美人と、許せない八方美人

・「寝ていない」「疲れた」「忙しい」…マイナスな「自慢」は人を遠ざける

・人それぞれ違って当然!価値観の違う人とモメず、和やかに話をするコツ

・無口、無愛想、おとなしい…そんな人と仲良くなることってできるの?

・友達のフリした「敵」?人間関係をこじらせる「フレネミー」とは
  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag