自分磨き

いざというときに覚えておきたい、仕事で「お詫び」するとき気を付けたいこと

ビジネスマナー

仕事でお詫びや謝罪をするのって、気が重いですよね。憂うつでやりたくないな、と思うことが大半でしょうが、適切なお詫びや謝罪は、むしろ相手からの評価アップや好印象につながることも多いんです。


今回はお詫びするときに気を付けたいポイントをご紹介します。


お詫びするときのポイント3つ

ビジネスマナー

(1)真っ先に謝る

何かミスをしてしまったとき、人はつい「許してもらうための説明」を考えてしまうもの。

しかし、それを最初に言ってしまうと相手は「反省してないの?」「言い訳ばっかりして!」と思い、より印象を悪くしてしまいます。


状況が何であれ、最初は「今回はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」「失礼をお詫びします」などの言葉から始めるのがお詫びの基本です。


(2)今後の対応について「具体的に」話す

ただ謝るだけではお詫びに不十分。今後どうするかまでしっかり伝えることで、相手に安心感を与えることができます。


コツは、具体的な対応を話すこと。

「今後このようなことが起こらないよう注意します」より「今後このようなことが起こらないよう、〇〇を行います」としたほうが、相手は誠実な対応だと感じます。


(3)相手への感謝で結べば好感度もアップ?!

謝罪の結果、相手の感情も落ち着いたところで、最後に感謝の言葉を伝えましょう。

「指摘していただいたおかげで気づきました、ありがとうございます」「こんなミスをしてもわざわざ言ってくださるなんて、〇〇さんが担当じゃなければもっと大変なことになっていました、感謝しています」など「おかげさまで助かりました」というニュアンスを出せば、相手も悪い気持ちにはなりませんし、あなたへの印象もかえって上がるかも!?


なるべくならこんな状況にはしたくないものですが、いざというとき使えるよう、覚えておいてくださいね。



▼その他のマナーもおさらい▼

職場での気配り&マナー -「お局様」にならない「良い先輩5カ条」-
【秘書から学ぶビジネスマナー】板挟みをスマートに回避!
職場での気配り&マナー 「上司が出席する飲み会」
スメルハラスメントしてない?最近話題の「香りのマナー」とは
秘書から学ぶビジネスマナー -上司や同僚の話、どこまで話す?-


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ