仕事のミス

対応次第であなたも成長!叱られたときに取るべき態度とは

  • 更新日:2019/04/17

新年、明けましておめでとうございます!年が明けると1年の目標を立てますが、仕事の飛躍を願う方は少なくないですよね。

そして、仕事につきものなのが「ミスによる叱咤」。

いくつになっても「叱られる」のは嫌なもの。ショックですし、気分も落ち込みますよね。しかし、だからといってただぼんやり叱られるのをやり過ごすだけでは、気分も戻りませんし、ヘタすると相手をより怒らせることになりかねません。

今回は相手にも自分のためにもなる「上手な叱られ方」をご紹介しましょう。


叱られたときの「とっさの一言」は?

叱られたときに「申し訳ありません」とちゃんと言えない人、意外と多いです。とっさにこの言葉が出てこないばかりに、相手の感情が鎮まらず、叱られる時間が長引くことも少なくありません。

人によっては、あまりに謝罪の言葉を使いすぎるのは…と感じるかもしれません。しかし、言わなければ伝わらないのも事実。特に相手が感情的になっているときは、まず「申し訳ありません」「すみません」と謝罪してしまいましょう。詳しい話はそれから始めればいいのです。


なぜ今あなたは叱られているの?

謝罪の言葉はとても大事ですが、しかしそれだけで済ませるのはもちろん×。相手が「なぜ」自分を叱っているのかくみ取り、行動で示すことも大事です。

ただ叱られて神妙にしているだけでは「反省してない」「やる気がない」と思われてしまいます。叱ってきた相手に自分から言い出すのは怖いと思いますが、そこは勇気を持って「ではこれからは〇〇します」「ミスが起きないよう〇〇を心がけます」など、反省点と今後の改善ポイントを伝え、かつ実行しましょう。そうすれば相手も納得するでしょうし、あなた自身の成長にもつながるはずです。


いかがでしょうか?まとめると、叱られたら、まず謝罪→叱られた理由を考える→反省・改善点を伝える→実行する、です。この流れで行動できれば必ず「叱られ損」にはなりません!ぜひ、参考にしてくださいね。



▼『職場のマナー』記事一覧▼

職場の気配り&マナー~飲み会で「幹事」になったら?

職場での気配り&マナー「お局様」にならない「良い先輩5カ条」

職場ではNGのものも!指輪、ピアス、ブレスレットなどの「アクセサリー」マナー

秘書から学ぶビジネスマナー -上司や同僚の話、どこまで話す?-

職場での気配り&マナー 「上司が出席する飲み会」

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag