意外とトラブルになりがち!友達への「恋愛相談」で注意したいこと

  • 更新日:2014/10/31

恋愛相談で注意したいこと

友達と集まったときの定番の話題といえば…恋バナ!

しかし、実は恋バナは意外にトラブルのもと。普通に相談に乗っていたつもりなのになぜか相手が不機嫌になったり、逆に相談していたら空気が悪くなったり、なんてことはありませんか?

それは「恋愛相談」でお互いに求めていることの食い違いがあるからかもしれません。

 

恋愛相談は何のため?

自分の恋愛を相談するとき、人が求めていることは2つに分かれます。「自分の話を聞いてもらってスッキリしたい」か「話を聞いてもらって相手にアドバイスしてほしい」の、どちらかです。

一見似ているようですが、この微妙な違いがトラブルにつながるのです。

たとえば、あなたはただ自分の話を聞いてほしいと思って恋愛相談するとします。しかし、相手が「私のアドバイスが欲しいんだな!」ととらえているとどうなるでしょう?

あなたからすると、あんまり自分の話を聞いてもらえず、相手が意見ばかり言うことにうんざりするでしょうし、相手は自分のアドバイスをあんまり聞いてくれないとがっかりするでしょう。

これが続けば、お互い自分が否定されているような気持ちになり、不機嫌になってしまうのも当然のことです。

 

上手な恋愛相談の仕方は?

この問題を解消するには、あらかじめ相談する側が「自分が何を求めているのか」ハッキリさせておくことが大事です。自分が恋愛相談するなら、最初に「ちょっと吐き出したいんだけど」あるいは「あなたの意見が欲しいんだけど」と前置きすると良いでしょう。

逆に相談に乗るときは、相手の話し方を観察して判断しましょう。こちらが相づちを打つだけでドンドン話すならそれは話を聞いてほしいだけでしょうし、逆に「どう思う?」「どうしたらいいかな?」と意見を求めるならあなたの意見を聞きたいサイン。そこを合わせてあげればスムーズにいくはずです。

ちょっとしたことなので、ぜひこれから気を付けてみてくださいね。

 

 

Pick Up

あの読モ&スタイリスト利用多数の安心プチプラ通販

お買い得♪国内ツアーが満載!!【Tポイントが貯まる!!】Tトラベル

脱毛専門店の銀座カラー☆安心の月額制プランが新登場!!



この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag