自分磨き

新札(ピン札)を用意する方法と使うべき場面

新札を使うべきタイミング

 

新札とは、まったく使われていない「キレイなお札」のこと。「ピン札」などとも俗に呼びますね。日常的に使うことはありませんが、行事や冠婚葬祭などでは必要です。しかしふだん使わない分、入手に苦労する人も多い様子。

今回は「新札」を使うべき場面のおさらいと、入手方法をご紹介しましょう。

 

新札はいつ使う?

新札を使うのは主に「お祝い」の場面です。結婚式のご祝儀・お年玉・出産祝いなど、おめでたいことでお金を渡すときは新札を用意しましょう。

またお祝いでなくても、自分や子供の習い事で月謝を直接渡すときは新札、という人も多いです。

お祝い・お礼などは新札だと考えておくと間違いありません。

逆に、新札を使ってはいけない場合もあります。それは通夜・葬儀など「お悔やみ」のとき。新札だと「ご不幸を待っていた」意味になるので失礼とされます。使い古した旧札を包みましょう。

 

新札はどうやって手に入れる?

新札を手に入れる確実な方法は「銀行へ行く」こと。受付で両替の手続きをすれば旧札から交換してもらえます。もし窓口に行く時間がなくても、両替ATMさえあれば大丈夫。ATMに旧札を入れ、同額で両替指定すると新札が出てきます。

しかし、場合によっては銀行に行く時間がない、あるいは閉まっていることもありますよね。そんなときは、新札を用意しているであろう「場所」へ行って交換を頼む手があります。特に新札を用意している確率が高いのは「結婚式場」「ホテルのフロント」です。ご祝儀用の新札が用意できないまま式場に来てしまった!なんて場合は、こっそり会場の人に聞いてみるとだいたい交換してくれるようです。

いざ必要なときに慌てないよう、入手方法はしっかり覚えておきましょう!

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ