銀行の「引き出し手数料」「振込手数料」を節約するための工夫とは

  • 更新日:2014/08/29

銀行手数料

銀行を利用するとかかる「引き出し手数料」や「振込手数料」。普段はそんなに意識せずにする出費ですが、積み重なると結構な額になっていることも多いんです。そこで今回は、これらの手数料を節約するコツをお教えしましょう。

 

引き出し手数料の節約方法は?

まず、引き出し手数料の節約から。最初に行いたいのは「無料で引き出せるコンビニATMのチェック」です。コンビニATMは数も多く便利ですが、毎回手数料がかかっているなら問題。銀行によって使えるコンビニATMやゆあ料は異なりますし、改定もあるので、この機会に自分の持っている口座の引き出しが無料でできるコンビニATMを確認しましょう。よく利用するコンビニで今使っている銀行の取り扱いがない・あるいは有料であれば、いっそ無料で引き出せる銀行で口座を新規開設してしまうのも手です。また「0時以降有料」など、時間帯の制限もあるので、特に夜間に引き出すことが多い人は時間帯にも注意!

 

振り込みは無料でできる!?

次は振込手数料。手っ取り早い節約方法は「振込先と同じ銀行の口座を開設する」です。同銀行同一支店であれば振り込みは無料のことが多く、他支店であっても他銀行からや現金で振り込むよりは安くなります。家賃のように、同じ相手の口座に長期間・高額の振り込みを続ける人や、振込先の銀行がひとつに集中している人は、この方法が良いでしょう。

振込先が一定でないなら、毎月決められた回数だけ振込手数料が無料になるサービスつきの銀行を選ぶのがオススメ。代表的なのが「新生銀行」と「住信SBIネット銀行」。新生銀行は、月1回は必ず無料、預金残高が100万円以上なら月5回までタダ。住信SBIネット銀行なら無条件で月3回まで振り込み無料になるのでかなりオトクですよ。

 

自分のライフスタイルに合う節約方法で、手数料ゼロを目指しましょう!




この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag