自分磨き

友達のフリした「敵」?人間関係をこじらせる「フレネミー」とは

フレネミー

海外の有名ドラマで使われたことで知られるようになった「フレネミー」ってご存じですか?


「フレンド(友達)」+「エネミー(敵)」=フレネミー、つまり「友達のふりをした敵」「友達を装ったライバル」という意味です。このフレネミーのせいで人間関係がこじれている女子は意外にも多いんです。


「フレネミー」ってどんな人?

裏切る友人

フレネミーは最初、あなたと「友達」として付き合いますが、徐々にあなたのことを「敵」「ライバル」として接してきます。しかも正々堂々とライバル宣言するのではなく、あくまで「友達のふり」は崩さず、しかしあなたをけなしたり、傷つけたりしてくるのが厄介なところです。


たとえば、

「すごい、よくそんな彼氏と付き合えるね、私なら無理」


「化粧品にそんなにお金かけてるの?美意識高いね、私はトラブルないから安いのでも大丈夫だけど」


このような「ホメてるようで全然ホメていない」ものの言い方は、典型的なフレネミーの特徴です。


いかがでしょう、心当たりはありませんか?


もし、一緒に過ごすとなんとなく気分が落ち込む、自分がバカにされていると感じることが多い友達がいるなら、ちょっと考えてみてください。


彼女は友達の皮をかぶった「フレネミー」ではありませんか?


フレネミーにはどう対応すべき?

では、「この人はフレネミーだ!」と気づいたら、どうすればいいのでしょうか。

取るべき対応は基本的にひとつ。その人と距離を置きましょう。


「付き合い長いし…」「なんだかんだで仲良いし…」とためらうかもしれません。


しかし、あなたが友達と思っていても、向こうはあなたを見下す対象ととらえている、ということをしっかり考えましょう。


いっときは辛いかもしれませんが、距離を置くことで、その子の言動について気づくこともあるはず。


まずは連絡を控える、会う頻度を下げるなどして、冷静に関係を見つめなおすことをオススメします!



▼コミュニケーションの関連記事

・ココが違う!許せる八方美人と、許せない八方美人
・「寝ていない」「疲れた」「忙しい」…マイナスな「自慢」は人を遠ざける
・人それぞれ違って当然!価値観の違う人とモメず、和やかに話をするコツ
・無口、無愛想、おとなしい…そんな人と仲良くなることってできるの?
・あなたはもう身についていますか?社会人に必要な3つの能力

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ