自分磨き

どうしても削れない!「ファッション代」を節約するためのコツ

ファッション代の節約方法

女子の日々の家計で、削るのに抵抗がある項目といえば「ファッション」。

ファッションばかりにお金は使いたくないけど、お買い物は楽しみたい…と悩むところですよね。

そんなあなたに、今回はファッション代を無理なく節約するコツをお教えしましょう。

 

無理なくファッション代を節約するためのコツ3つ

(1)あえてセールは「行かない」!

セールには行かない

普段より安く服が手に入るセールは一見とてもオトクに感じます。しかし、安いからとなんとなく買ったものの結局着なかったり、雰囲気に流されて要らないものを買ってしまったりと、失敗が多いのも事実。

特にセールでの失敗経験が多い人は、あえてセールに行かない方が節約になると考えましょう。


(2)ワードローブを把握する

ワードローブを把握する

今、あなたは何着トップスとボトムスを持っていますか?

…考えても答えられなかった人は要注意。ワードローブを把握していないと、持っている服と似たものを買ったり、手持ちとまったく合わないものを選んでしまったりと、お金のムダにつながる失敗が確実に増えます。アクセサリーやバッグなどの小物も含め、自分が何を持っているのかはしっかりチェックし、管理しておきましょう。


(3)めったに着ない服は「レンタル」もアリ

フォーマル服はレンタル

結婚式などのフォーマルな場で着る服は、利用頻度が低いわりに値段が高いのがネック。それなら割り切って、フォーマル服は「レンタル」で用意してしまうのも手です。

レンタルドレスショップを活用すれば、なかなか買えないブランド・値段のドレスやワンピースでも、数千円程度のお値段で着られます。クリーニングなどお手入れの手間もなくらくちん。クローゼットもスッキリします。


いかがですか?オシャレを楽しみつつ、できるところから節約していきましょう!



女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ