自分磨き

枯れないお花「プリザーブドフラワー」を使うおケイコ

自分磨き おケイコ プリザーブドフラワー


皆さんは「プリザーブドフラワー」ってご存じでしょうか?特殊な薬剤で生け花を加工したもので、見た目はほぼ生け花と変わらないのですが、水やり不要、しかも長持ちするのが特徴です。

最近はブーケやインテリアで取り入れられることも増えており、見たことがある方も多いでしょう。

今回はそんなプリザーブドフラワーを使ったおケイコをご紹介します!


プリザーブドフラワーのおケイコってどんなもの?

プリザーブドフラワーを使ったおケイコは、基本的に「アレンジメント」。フラワーを使って、ブーケやインテリア作品を作る過程を学びます。

プリザーブドフラワーは破損しやすいため、まずは扱い方を知るところからスタート。

さらに、フラワーを固定するためにワイヤやテープを巻き付ける作業も基本として覚えます。


基礎を身に着けたら、いよいよアレンジメントへ。カゴやケースにキレイに花を盛りつけたり、ブーケにしたりと、本格的な作品づくりを行います。

生け花と違い、長く持つので、つくった作品はそのまま飾ったり、プレゼントしたりすることができます。


また、選ぶ花や器、リボンや紙などの小物次第でいくらでもテイストを変えられるのもうれしいところ。

あなたのセンスを生かして作品づくりができますよ。



気軽に習えるのも魅力!

プリザーブドフラワーの教室は全国にあります。クラスもいろいろありますが、最初は初心者向けの1回完結型のコースを選ぶのがオススメ。

多くの場合、必要な道具はそろえてくれるので、手ぶらで行っても大丈夫です。


2時間程度で、小さな作品を作って持って帰ることが可能。

値段は3000円~5000円程度です。


おケイコとして楽しむだけでなく、将来的には自分の作品を販売したり、教室を開いたりと独立する道もありますよ。

興味のある方はぜひチャレンジを!

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ