自分磨き

メール宛先ミスや時間間違い…仕事で起こしやすいミスとその対処法

仕事でやってしまいがちなミス


どれだけマジメに仕事をやっているつもりでも、どうしても起こしてしまう業務ミス。

今回は、仕事でやってしまいがちなミスと、その対処法をご紹介します。

仕事でありがちなミス3つ

■メール

書きかけのメールを送ってしまった、宛先を間違えてしまった、添付ファイルをつけていなかった……など、内容はいろいろですが、電子メール関連のミスは誰でもあるんじゃないでしょうか。

もしミスに気付いたら、すぐに訂正のメールや電話連絡を入れましょう。放置は厳禁です。


また、宛先を違う人にしてしまっていたり、本来の内容と違う添付ファイルをつけてしまったりした場合は「お手数ですが前回のメールは破棄してください」とお願いしましょう。

会社の情報漏えいにもつながるので、このようなミスの場合は、必ず上司にも報告しましょう。


■紛失

書類や物品、データなどをうっかりなくしてしまう紛失ミスもありがちです。

職場全体で管理・共有しているものであれば、必ず他に困る人が出てきます。

上司や同僚に報告して一緒に探してもらいましょう。


カタチには残らないPC上のデータ紛失や削除ミスについては、すぐに対処すれば復元できる可能性は高いですが、ヘタにいじってしまって戻せなくなることも多いです。

自信がなければ、詳しい人に頼んで対応してもらうのが確実です。


■時間

アポの日時を間違えた、納期の時間を過ぎてしまった、など、時間に関するミス。

起こしてしまったら、なによりもまず相手に連絡して、謝罪します。

おわびだけでなく、これ以上迷惑をかけないためにも、アポを再設定する、確実な納期の時間を伝えるなど、今後の対応についてもしっかり伝え、アフターフォローまで責任を持つのが大切です。


ミスした直後はパニックになりがちですが、あわてて行動したせいでミスをさらに大きくしてしまうのは最悪です。

まずは冷静になって、落ち着いて対応することを心がけましょう。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ