自分磨き

「暖房費」を節約しながら冬を暖かく乗り切るコツ

暖房節約術


寒い冬になると家計を圧迫するのが「暖房費」です。総務省の調査でも、1年の中で最も光熱費が高くなるのは冬という結果が出ているそう。

できるだけ暖房にかける費用は節約したいところですが、寒さをガマンして体調を崩してしまっては意味がありませんよね。今回は、暖かさをキープしつつ、暖房費を節約するためのコツをお伝えしましょう。


もっとも効率の良い暖房器具は?

暖房に使う燃料で考えると、いちばん安いのは「石油」。次いで「ガス」「電気」と続きます。つまり、器具の中では石油ファンヒーターが最もオトク。

しかし、石油を使う場合は換気が必須ですし、賃貸だと使用不可なところも。次にオトクなガスファンヒーターは、設置はガスの元栓がある場所に限られます。エアコンは手軽さでは一番ですが、コストはいちばんかかります。

エアコンを利用するときは、暖かい空気が上にたまりやすいので、できれば同時に扇風機やサーキュレーターを天井に向けて動かし、空気が下におりてくるようにしましょう。これだけで暖房効率がアップします。


暖かさをキープできる部屋づくりを!

暖房器具だけでなく、すきま風や外気が室内に伝わらないような部屋づくりも大切です。

特に一人暮らし用のワンルームマンションは、玄関から部屋までドアがなかったり、部屋の奥にベランダに面した大きな窓ガラスがあったりと、冷気が流れこみやすいつくりであることが多いです。

断熱用のシートを窓ガラスに貼ったり、すきま風を埋めるテープを利用したり、部屋と玄関の間にビニールカーテンをつるしたりと工夫してみましょう。とりあえず新聞や段ボールを利用してすき間を埋めるだけでも、ずいぶん違いますよ。


いかがでしょうか?ちょっとした工夫で快適度がアップしますので、ぜひ試してみてくださいね。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ