自分磨き

知らないことも多い「エレベーター」でのビジネスマナー

ビジネスマナー


今回は「エレベーター」のビジネスマナーを紹介します。上司やお客さまと一緒に利用するとき、誰が先に乗る・降りるのか、操作は誰がするのか、他の人が乗っているときどうすべきか……意外と考えることはたくさんあるんですよ。


エレベーターでの基本マナー3つ

【1】乗り降りの順番・位置は?

エレベーターにも「上座・下座」があります。基本的に、操作パネルから最も遠いところが上座。操作パネルの前が下座です。

乗り降りについては、どちらも上の立場の人が先。乗るときは上司やお客さまに先に乗ってもらい、降りるときも自分は操作パネルの「開」を押して、降りるよう促します。


【2】声かけでよりスマートに

エレベーターを利用するために「ひと声」かける心遣いは欠かせません。たとえば、降りるときはお客さまが先ですよね。お客さまが初めて来られた場合、降りてからどちらの方向に行けばいいのかわかりません。降りるときに「右方向です」「左方向です」と声をかけて案内するのが親切です。

また、自分たちが乗った時点で他の人が操作パネルの前にいるとき、ムリやり自分がボタンを押しに行くのはNG。「〇階でお願いします」と伝えて押してもらいましょう。逆に、自分が操作しているときに他の人が乗ってきたら「何階ですか?」と聞くのを忘れずに。


【3】私語や、持っている書類には注意

エレベーター内で派手におしゃべりするのはやめましょう。他の人が乗っているときはもちろん、自分たちしかいないときでも、エレベーター外のフロアに響いてしまうこともありえます。

また、書類を持って乗るときはファイルや封筒などに入れ、外から見えない工夫を。書類の内容が他の人の目に入ってしまうのは、情報管理の点でNGです。


上記3つを押さえて、スムーズにご案内できるようにしましょう!

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ