自分磨き

呑むのが好きなあなたに♪「お酒」にまつわる資格まとめ

lessons-1112


今回はお酒を飲むのが好きな方必見!


お酒にまつわる資格です。


飲食関係の資格は特に実務経験を必要とすることが多いのですが、今回は、趣味の範囲でも取得できるものをご紹介しましょう。



お酒の種類別資格3選


1:ビール


ビールに関する資格といえば「ビアテイスター」。


セミナーを受けた後、認定試験に合格すれば取得。


最短1日で取れる手軽さが人気です。


セミナーの内容は、ビールの基礎知識、海外各国のビアスタイルなど。


30種類のビールを試飲するという、めったにできない経験もできますよ。


セミナーは東京と大阪で定期的に開催されているので、お近くの方はぜひ。


受験者の半数は女性とのことです。



2:ワイン


ワインの資格で有名なのは「ソムリエ」ですが、受験には販売や飲食店勤務などの実務経験が必要。


趣味として楽しむのなら「ワインエキスパート」がおすすめです。


ソムリエ資格と同じ「日本ソムリエ協会」が実施している資格で、試験内容もほぼソムリエと変わりませんが、20歳以上のワイン愛好家であれば誰でも受験可能。


1次の筆記試験、2次の実技試験を突破すれば合格。


試験は年に一度、全国の主要都市で開催されます。



3:日本酒


最近女性にも人気が高い日本酒。


いくつか資格は存在しますが、その中でも「日本酒検定」は、筆記試験のみなので、お酒が弱い人でも安心して受験できます。


さらに10級から5級まではネット環境さえあれば家でも受験でき、かつ3回までは受験費が無料。


自分の知識量にあわせて、少しずつ級を上げていけるので、マイペースに勉強できます。



上記の資格を取得すれば、知識の幅が広がるだけでなく、飲食関係への転職が有利になることも。


興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ