自分磨き

運動で下半身デブに!?原因は筋肉痛かも…脚ほぐしストレッチ


いよいよ運動しやすい気候になり、紅葉が見ごろを迎える場所も多い11月になりました。


登山や紅葉狩り……と秋ならではのアクティビティをする人も多いのではないでしょうか。

私も今年は鎌倉でノルディックウォーキングをする予定です。


たまに運動すると、後日やってくるのが筋肉痛。この筋肉痛が来ると、「痛みが気持ちいい」「運動した証拠!」なんてニンマリしていませんか?


筋肉痛は筋線維が破壊され、細胞が傷ついている証拠。大事なのは、運動した後に酷使した筋肉をほぐすことです。


筋肉痛を放っておくと、冷え性やセルライトなど、下半身おデブを増長させる結果になりかねませんよ!


今回は、ズボラちゃんでも気軽にトライできる「寝ながらクールダウンストレッチ」をご紹介しましょう。



■パンパン下半身をすんなり元に戻してくれる、寝ながらストレッチ


このストレッチは、とくに硬く凝りやすいお尻や股関節、鼠蹊部、太もも内側をほぐす効果があります。


この部位が硬くなると、下半身の血行の流れが悪くなり、女性のお悩み4重苦「むくみ」「冷え」「セルライト」「下半身太り」の原因になります。


逆に言えば、このような症状を感じた時は、前述した部位が硬くなっているかもしれません。


動作はとても簡単ですが、冷えの大元部位がほぐれると、全身の緊張もほぐれるので、寝つきが悪い時にもおススメですよ。




1. 仰向けになり、組んだ両手の上に顎を乗せ、そのまま何度か呼吸を繰り返し、リラックスしましょう。




2. 左の膝を横にスライドし、左鼠蹊部から太もも内側、股関節、お尻を伸ばします。そのまま呼吸を10呼吸ほど繰り返します。




3. さらに膝と膝を近づけ、右の体側を伸ばし、そのまま30呼吸ほど繰り返しましょう。


この時、お尻が浮いてそけい部(脚の付け根のくぼんでいる部分)が床から離れすぎないように、膝の位置に注意してください。


右足はまっすぐ伸ばし、右つま先から右わき腹までの伸びを感じてみて下さい。反対側も同様に動作しましょう。



関連コラム

食べても太らない体型の秘密は骨盤?話題の効果的ダイエット

時短で女子力アップ?口コミで高評価のオールインワンスキンケア

愛犬家の間で話題…健康志向やコスパを叶える無添加ドッグフード

気候の乱れが悪影響…超発汗、美肌を手に入れるデトックスヨガ


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ