自分磨き

意外と知らないことが多い!「寿司屋」での食事マナー

manner1001


仕事で目上の人と会ったり、ちょっと大人なデートをしたりするときには、ふだん行き慣れないところで食事することがありますよね。


その中でも、特に悩みどころが多く難しいのが「寿司屋」です。


今回は寿司屋で気をつけるべきマナーをご紹介します!



●寿司屋の基本マナー 3ステップ


準備:香水・匂いの強い化粧品類は避け、ナチュラルメイクで


寿司は繊細な食べ物。


香水や匂いの強い化粧品をつけていると、自分も味が分からなくなるだけでなく、周囲にも迷惑がかかります。


香水・ボディクリームなどはもちろん、整髪料やファンデーションなども控えめを心がけて。


寿司屋の店内はたいていは明るい照明なので、厚化粧は目立ちます。


匂いを出さない意味では、喫煙も基本的にNG。


店内だけでなく、直前の喫煙もなるべく避けましょう。



食べ方その1:寿司の頼む順番は?


寿司の頼み方は「味の薄いものから濃いものへ、最後は巻き物」が基本。


最初に味が濃いものを食べてしまうと、その後も舌に味が残ってしまうからです。


ヒラメやタイなどの白身魚からスタートし、そのあとマグロなどの赤身、イクラ・ウニなどの魚卵系を頼みます。


巻き物を頼むのは食べ終わりの合図です。


この基本を押さえつつ、相手に合わせたペースでいただきます。


相手が詳しい場合は素直に「教えてください」と言って内容をお任せしてもいいでしょう。

食べ方その2:寿司の食べ方は?


寿司を食べるときは、手を使っても箸を使ってもかまいません。


相手に合わせておくのが無難です。


醤油はシャリではなくネタにつけ、なるべく一口で食べてしまいましょう。


ネタとシャリを分けて食べるのは絶対にNGです。



とりあえずはこの3つを押さえておけば、基本マナーはクリアです。


寿司屋でスマートに食事できれば、大人の女性として評価アップ間違いなし!ぜひ覚えておいてくださいね。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ