自分磨き

「お客様センター」で働く人にオススメ!「消費生活アドバイザー」の資格

license0903


企業の「お客様相談センター」や「コールセンター」で働く女子は多いのではないでしょうか?


お客さんの声を聞いて商品開発やイメージアップにつなげる、やりがいのある仕事ですよね。


今回は、そんな仕事をしている人にピッタリの資格「消費生活アドバイザー」をご紹介します!



●どんな資格?


「消費生活アドバイザー」は、日本産業協会が運営する資格。


消費者からの苦情・相談などに対して、的確にアドバイスができる人材であることを証明します。


一般にはそれほど知られている資格ではありませんが、企業・行政からの需要は高いです。


企業によっては資格取得を推進し、試験費用を負担してくれることもあるので、一度確認してみてくださいね。



●どうやって取得するの?


消費生活アドバイザーの試験について、受験資格は特にありません。


年齢・性別・経歴問わず受験が可能です。


試験は年に1回主要都市で行われます。


受験科目は選択方式の1次筆記試験、論述形式の2次筆記試験と面接。


1次試験は「消費者のための行政・法律知識」「消費者のための経済知識」「生活基礎知識」などが出題され、2次試験の論文は「消費者問題」「行政知識」「法律知識」から1題、「経済一般知識」「企業経営一般知識」「生活経済」「地球環境問題・エネルギー需給」から1題を選んで論述します。


ちょっと難しそうですが、現在アドバイザーとして働いている人ならば仕事と直結する内容も多いので、勉強しやすいはず。


公式テキストや通信講座もあります。


試験合格後に一定期間の実務経験・研修を経れば、資格取得。資格保持者は名簿に登録され、必要に応じて求人の紹介も行われるそう。


就職サポートまでしてくれるのは嬉しいですね。



現在アドバイザーに該当する仕事を行っている人は、ステップアップも兼ねて、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ